保育者の仕事を支援するポータルサイト

【2歳児】10月の月案の書き方や記入例

  • 文例集

子どもの姿

  • 友達との関わりを喜び、声を掛け合いながら遊びを広げていく。
  • 秋の自然に触れて活発に身体を動かす。

ねらい

  • 秋ならではの自然物や様々な素材に触れて、出来たものに意味づけをして楽しむ。
  • 運動会を通して人前で発表することを喜ぶ。

月間予定

  • 運動会
  • 誕生会
  • 避難訓練
  • 身体測定

養護

  • 手洗い・うがいを進んで行い感染症の予防をする。
  • 一人ひとりの欲求を満たして、安定した中でのびのびと自分を表現できるようになる。
  • 運動会に期待を持ち、楽しみにする。
  • 尿意がわかり、トイレでの排泄が増える。
  • 苦手なものも少しずつ食べられるようになる。
  • 仲の良い友だちの近くで安心して自分で入眠する。
  • 当番活動に意欲をもち、楽しみにする。
  • クラスで育てている食物に水をあげながら大切にする。

教育

  • はさみを使用して一回切りを楽しむ。
  • 経験したことを自分の言葉にして伝えたり、聞いたりすることを楽しむ。
  • 玩具の片付け場所がわかり、片付けられる。
  • 自らやりたいことをみつけ、集中して遊ぶ。
  • 米や豆移しなどの遊びで指先を使い集中して遊ぶ。
  • 脱いだ衣服をたたもうとする。
  • 言葉のやりとりをしながら友だち同士で遊ぶ。
  • 散歩後、食事前、排泄後の手洗いの習慣が付く。

環境構成

  • 子どもたちの”したい””じぶんで”の気持ちを大切にして援助や見守りをしていくと共に、自分でできた際はたくさん褒めて自信へとつなげていく。

家庭との連携

  • 衣類の調整をしてもらい、体温調節をできるようにしていく。
  • 一人ひとりの成長を伝え合い、喜びやうれしさを共有していけるようにしていく。

【1歳児】10月の月案の書き方や記入例

  • 文例集

子どもの姿

  • 友達と関わる中で「どうぞ」「ありがとう」等の言葉や動作を使いやり取りを楽しむ。
  • 自分の気持ちを言葉や動作で伝えていく。

ねらい

  • 秋の自然に触れて、どんぐりや木の実を使い製作を楽しむ。
  • 身の回りのことを保育者と一緒にやってみようとする。

月間予定

  • お誕生日会
  • 避難訓練
  • 身体測定
  • 体操教室
  • 運動会
  • 保育参観
  • 個人面談

養護

  • 言葉やしぐさで尿意を知らせて便器で排泄をする。
  • 鼻水が出ていることに気付き、保育者に知らせたり、自分でティッシュを取り拭こうとする。
  • 身の回りのことを自分でしようとし、できないときは保育者に手伝ってもらい、保育者が援助する。
  • タイミングが合うと、トイレで排泄できる。
  • オムツへの排尿、排便が分かり保育者へ伝える。
  • 他児と関わって遊び、言葉でコミュニケーションをとる。
  • 苦手な食材も一口食べてみようとする。
  • 自分の布団がわかり、安心して入眠する。
  • 食具を使って食べる。
  • ズボンを自分で履いてみようとする。

教育

  • 落ち葉やどんぐり等、秋ならではの自然に触れて遊ぶ。
  • おままごと等の遊びを通して、友だちとごっこ遊びをすることを楽しむ。
  • 大型遊具のある公園に行き、全身を使い遊ぶ。
  • ペンやクレヨンを使ってなぐり書きを楽しむ。
  • 絵本や言葉のやり取りの中で、保育者の声に合わせて言葉を模倣する。
  • 自分の個人マークがわかり、エプロンやスケッチブックを片付ける。
  • 簡単な言葉や単語で友だちや保育者に思いを伝える。
  • 砂や木の実に興味を持ち、触れる。
  • 好きな玩具で十分に遊び、満足感を味わう。
  • 友だちや保育者と簡単な言葉のやり取りを楽しむ。
  • 順番を待ったり、片付けたりする経験を重ねていく。
  • 散歩で他児と手を繋いで歩ける距離がのびる。
  • 秋ならではの香り、木の実など自然に触れながら楽しむ。
  • はさみや細かい紐とおしのやり方を思え、集中して行う。

環境構成

  • 遊びが広がるように、玩具を増やしたり環境設定を広く設けていく。
  • 自分でやりたい気持ちを大切にして、見守りながら援助していく。

家庭との連携

  • 自我の芽生えをどう受け止めていくか、共に考えて対応の仕方などを具体的に伝えていく。

家庭支援を学びなおすには、ワークを通じて実践につながる学びができる、この本がおススメです!👇

発表会などでお客さんの立場で年中・長さんの発表を聴き、お礼をいうような場面を作ってみましょう!発表会の計画についてはこの本をチェック!👇

【0歳児】10月の月案の書き方や記入例

  • 文例集

子どもの姿

  • 喃語を発したり、指差しをして気持ちを表現しようとする。
  • 他児に触れたり、顔を見て笑う。
  • 保育者の手遊びを模倣して楽しむ。
  • どんぐりや松ぼっくり等の自然物に触れて感触を楽しむ。
  • 固定道具で身体を動かして遊ぶ。

ねらい

  • 秋の自然に触れながら探索を楽しむ。
  • 指差しや喃語で自分の想いを表現する喜びや満足感を味わう。

月間予定

  • 運動会
  • 身体測定
  • 参観日
  • 誕生会

養護

  • 室温や湿度、気温に合わせて衣服の調節をしてもらい、心地良く過ごす。
  • 安心出来る保育者と一緒に食事をとることを楽しみ、つかみ食べや食具を使って食事をする。
  • 鼻水が出たら拭いてもらい、心地良く過ごす。
  • 生活リズムを整え、健康に過ごす。
  • 安定した生活の中で、落ち着いて過ごす。
  • 色々な食材を意欲的に食べる。
  • ゆっくりモグモグとよく噛んで食べる。
  • スプーンを使って食べようとする。
  • 薄着に慣れ、健康に過ごす。
  • 靴を履いて歩く経験をして、慣れていく。
  • 様々な自然や音に気付き、指差しをする。指差して保育士に教えようとする。

教育

  • 様々な素材に触れて、感触や音を楽しむ。
  • 音楽やリズムに合わせて身体を動かす。
  • 喃語や簡単な単語を発して気持ちを表現しようとする。
  • 秋の自然に触れ戸外で十分に身体を動かして遊ぶ。
  • 体操や運動あそびを楽しむ。
  • ハイハイで探索活動を楽しむ。
  • つたい歩きで探索活動を楽しむ。
  • 自由に歩行して探索活動を楽しむ。
  • 手あそびや体操を真似して楽しむ。

環境構成

  • 室内の温度や湿度、衛生面に留意して心地良く過ごせるようにしていく。
  • 行動範囲の広がりに伴い、室内や戸外での職員配置に留意して探索が楽しめるようにしていく。

家庭との連携

  • 園、家庭での子どもの姿や食事、体調面をこまめに共有していき、連携を図っていく。

【0歳児】9月の月案の書き方や記入例

  • 文例集

子どもの姿

  • つかまり立ち、つたい歩き、1人歩きで活発に動いている。
  • 喃語がますます盛んになり、保育者とのコミュニケーションを楽しんでいる。

ねらい

  • 夏の疲れや気候の変化に留意し、一人ひとりの健康状態に合わせて生活リズムを整え、心身ともにゆったりと過ごす。

月間予定

  • 避難訓練
  • 身体測定
  • 食育(お月見団子作り)
  • 敬老の日
  • 小遠足(1,2歳)
  • 誕生会
  • 体操あそび

養護

  • 戸外遊びの後には水分補給を行い、健康的に過ごせるようにする。
  • 自ら食具に触れたり、スプーンやフォークを握り口に運べるように援助する。

教育

  • つたい歩きや歩行で移動し、体力をつけていく。
  • 手遊びや歌などを通じ、五感を刺激して保育者の模倣をして楽しむ。

環境構成

  • 室温と外気温の差を考慮し、冷房の調節をし、心地良く過ごせるようにする。
  • 絵本コーナーやおままごとコーナーなど活動ごとのコーナーを作る。

家庭との連携

  • 夏の疲れから体調を崩しやすいので、体調や食事、睡眠の状態を細かく伝え合う。

【2歳児】9月の月案の書き方や記入例

  • 文例集

子どもの姿

  • 好きな遊びを通して、友だちとコミュニケーションを楽しむ等関わりが広がっている様子が見られる。
  • 室内でのサーキットや運動遊びでは、友だちや保育者の動きを真似ようとしたり、様々なコーナーを楽しんだりしている。
  • パンツへの興味が高まっている姿もあり、パンツを履きたいと伝えたり、トイレでの排泄に成功したことを保育者と一緒に喜んだりしている。

ねらい

  • 外遊びに適した時期であり、様々な運動遊びを体験し、体力をつけていく。
  • 室内において五感の刺激を受ける遊びを楽しむ。

月間予定

  • 引き渡し訓練
  • 食育
  • 身体測定
  • 敬老の日 
  • 小遠足
  • 誕生会
  • 体操あそび
  • 十五夜会

養護

  • 保育者の援助を受けながらも身の回りのことを自分で行ってみようとする意欲を受け止め、見守っていく。

教育

  • 戸外遊びから戻ったら、手を洗い感染症の予防に努める。
  • おいかけっこ、かくれんぼ等全身運動を行い、体力をつけていく。

環境構成

  • 気温や運動量によって衣服の調節などをこまめに行なう。
  • 室内備品や玩具の安全点検をし、遊びに集中できるようにする。

家庭との連携

  • 残暑や夏の疲れから、体調を崩しやすくなっている為、健康状態について家庭との連絡を密にする。
  • 感染症の早期発見、早期治療について伝えていく。

【1歳児】9月の月案の書き方や記入例

  • 文例集

子どもの姿

  • 戸外で探索活動を積極的に行おうとしている。
  • 保育者と一緒に着脱しようと挑戦し、頑張っている。

ねらい

  • 着脱など、身のまわりのことを意欲的に自分でやってみようとする。
  • 友達との関わりが増え自分の思いを言葉や動作で伝える。

月間予定

  • 避難訓練(引渡し)
  • 身体測定
  • 食育(お月見団子作り)
  • 小遠足
  • 誕生会
  • 体操あそび

養護

  • 全身を使った遊びが出来るように環境を整え、工夫した遊びを提供していく。
  • 楽しみながら食べ進められるような雰囲気作りをし、食べ物の美味しさを感じられるような声掛けをしていく。

教育

  • 戸外から戻った際は手洗いを行い清潔を保つ。
  • 言葉や体操遊びを通して他児と一緒に身体を動かして遊び楽しさを味わう。

環境構成

  • 探索活動が十分にできるように安全な環境や活動の状態、子どもの相互に関わりなど十分に注意を払っていく。
  • 気温や運動量によって衣服の調節などこまめに行う。

家庭との連携

  • 衣服の準備など再度お伝えしていく。

【5歳児】9月の月案の書き方や記入例

  • 文例集

子どもの姿

  • 夏季休暇を終えた子どもが多く家族でゆったり過ごす時間があったため、満足した状態で登園する姿が見られた。
  • 年長児のみの参加のお泊まり保育では準備期間から意欲や期待感を高めて実施することができた。様々な経験を通して、挑戦しようとする意欲が見られた。

ねらい

  • 自分なりに目的を持ち、いろいろな遊びに挑戦し、達成感や充実感を妹わう。
  • 友達と互いに思いや考えを出し合い、力を合わせて遊びを進めようとする。

月間予定

  • 避難訓練
  • 園外保育
  • 敬老の日
  • お月見会
  • お泊り保育
  • 誕生曰会
  • 英語教室
  • 身体測定

養護

  • 友だちと一緒に運動遊びやリズム遊びなどを積極的に楽しむ。
  • 共通の遊びの中で、お互いの思いや考えを共有し、気持ちを認めあいながら関わりを深めていく。
  • 健康で快適に過ごせるように、暑いときには自分で服を脱いで調整したり、疲れたら体を休めたりする。

教育

  • 友だちと同じ目標に向かって協力しあって作り上げる楽しさを感じる。
  • 人前に立つ経験を通して自信や達成感を感じ、様々なことを挑戦しようとする。
  • 危機管理について子どもたちで話し合う時間をつくり、子どもたちが自分から安全に注意しながら遊べるように関わっていく。

環境構成

  • 曲に合わせてダンスなどをして楽しめるように、子どもたちの好きな曲やCDなどを用意しておく。
  • 運動用具を取り出しやすいように整理しておく。
  • 言葉遊びの楽しさを知り、想像が広がるような遊びを取り入れる。

家庭との連携

  • 暑い曰や活動量が多いため家庭との連絡を密にとり身体を休めたり、生活リズムを整え健康管理に留意しながら生活を送る。

評価・反省

  • 行事の多い月となり、子ども達も積極的に参加する姿が見られた。気持ちを言葉で表現することから相手の立場にたって考えたりすることも出来ていた。運動会練習を通して諦めず最後まで行うことの大切さや自信を持って取り組めていた。

秋の発表会に向けて園児同士で話し合ったり役割分担をしたりする場面を作ってみましょう!秋の発表会の計画についてはこの本をチェック!👇

【5歳児】11月の月案の書き方や記入例

  • 文例集

子どもの姿

  • 鉄棒や跳び箱など自分の目標に向かって取り組む事ができ、苦手な子どもも自分がどこまでできるのかを理解し挑戦していた。
  • 気温が低くなってきている事や、朝や夕方が肌寒くなってきた事など、季節の移り変わりを会話のなかで話す姿があった。どんぐりを探してみたり落ち葉の色が変わってきたことにも気づいていた。

ねらい

  • 友達と一緒に体をたくさん動かし、ルールのある遊びを楽しむ。

月間予定

  • 遠足
  • 保育参加
  • 避難訓練
  • 身体測定
  • 誕生会

養護

  • 秋から冬への季節の変化に留意し、健康で快適に過ごす事ができるようにしていく。
  • 活動を通して友達とのつながりが深まる中、安心して自己を発揮する場を設けて自信をつける。
  • 遊びの中で友だちとイメージや意見を出し合い、友だちのよさを受け入れ、つながりを深める。

教育

  • 歌ったり踊ったりリズムを感じながら音楽に親しみ表現遊びを楽しむ。
  • 正しい言葉遣いを知り、話すことの楽しさを知る。
  • 友達とイメージや意見を出し合い、友達とのやりとりの楽しさを感じ、つながりを深めながら遊ぶ。
  • 様々な素材にふれイメージしたものを作る楽しさを味わい、最後まで作り上げた達成感を感じる。

環境構成

  • 朝晩と日中の気温差に気が付き、子ども自身が考えて服装を選べるようにしていく。
  • 食べ物とからだの関係を話し合ったり、絵本やシアターで、何でも食べることの大切さを知らせていくと共に、食事中のマナーを子どもたちと再度確認し、楽しく食事ができるように見守っていく。
  • 家族や身近で働く人達の仕事の内容や大切さに気付かせたり、感謝の気持ちを言葉や態度で表わせるような機会をもうける。

家庭との連携

  • 保育参加を通して、子どもの様子を知ってもらう。
  • 生活リズムに変化があるため、その都度伝える。
  • 少しずつ子どもから保護者へ簡単な連絡事項を伝えられるようにしていく。
  • 運動会が終わってからのこれからの取り組みをクラスだよりで配信する。日々の様子は一日の様子に書き込み、取り組みの詳細や理由も伝えていく。

評価・反省

  • 集団遊びがさらに増え、行き違いからけんかも多かったが、根気よく見守ったことで、自分たちで解決しようとする姿勢が見られるようになってきている。子どもたち同士で話し合える機会を意図的に作っていく。

【5歳児】10月の月案の書き方や記入例

  • 文例集

子どもの姿

  • 戸外での運動会練習も始まり得意なことや苦手なことにも挑戦してみようとする気持ちが持てるようになってきた。また勝敗がある競技や遊びでは友達と競い合ったり協力したりしながら、体を動かすことを楽しんでいた。
  • 葉っぱや木の実などの秋の季節の変化に興味・関心をもち、遊びに取り入れて発展させて楽しんでいる様子が見られる。

ねらい

  • 自分の力を発揮し、達成感を感じる。

月間予定

  • 芋ほり
  • 小学校予行見学
  • 避難訓練
  • 運動会
  • 身体測定
  • 内科健診
  • ハロウィン
  • 誕生会

養護

  • 自信を持ち、難しいことにも取組もうとする姿を認めていく。
  • 友だちと共通の目的に向かい活動する中で、自分の力を発揮し、団結力を高めながら目的を達成することの喜びを味わうことができるようにしていく。
  • 運動する際には、休息をこまめにとって体調管理しながら活動していく。
  • 自分から必要に応じて、衣服を着脱したり調節する。

教育

  • 運動会を通して仲間意識を高め、楽しいことや辛いことを共に味わい取り組む。
  • 廃材を利用し、発想を膨らませ個々の製作を楽しむ。
  • 友達と役割を分担したり、簡単な決まりをつくったりしながら、一緒に遊びを進める。

環境構成

  • 拾ってきた自然物などを使って製作が楽しめるよう、材料や道具などを家庭からも持ってきてもらえるよう家庭との連携をはかる。
  • 活動と休息のバランスを考え、休息するときにはゆったりとできるような時間や空間を設ける。
  • 子どもが安心して自分の思いを表現できるよう、話しやすい雰囲気作りをする。

家庭との連携

  • 行事に向けての姿や変化を伝え、成長を共有する。
  • 運動会で取り組んでいる姿や成長した姿を互いに伝え、喜び合う。
  • 朝、昼、夕で気温差があるので、調節しやすい衣服を用意してもらう。

評価・反省

  • 運動会に向けて、一生懸命練習することや力を合わせることの大切さに気づき、本番でも一人ひとりの力を発揮することができた。さらに団結力も高まったため、その力を活かせる活動を取り入れていく。

【4歳児】10月の月案の書き方や記入例

  • 文例集

子どもの姿

  • 散歩先で拾ったどんぐりや、葉っぱを使って製作をする姿が見られる。
  • 園行事に対して、気の乗らない子や、輪から外れてしまう子は無理強いせずに、その子の参加出来る範囲で誘ったり、見守ったりすることで、徐々に参加しようとする姿が見られる。
  • 運動会をとても楽しみにしていて、自分たちで遊びの中で練習をしたり、よりよくしよう、勝とうという気持ちが見られた。

ねらい

  • 自分の力を発揮しようとし、達成感を感じる。

月間予定

  • 芋ほり
  • 小学校予行見学
  • 避難訓練
  • 運動会
  • 身体測定
  • 内科健診
  • ハロウィン
  • 誕生会

養護

  • 気温の変化に応じてこまめに温度調整を行い、快適に過ごせる環境を整える。
  • 心地よい気温の中で友だちと一緒に全身を使ったり、秋の自然を取り入れたりして楽しく遊ぶ。
  • 友達の思いを受け入れながら協力して一つの物に取り組む楽しさを味わう。

教育

  • 遊びや活動を通じできた事を認めてもらい、達成感を味わい、自信につなげる。
  • 散歩や外遊びを積極的に行い、秋の自然を楽しむ。
  • 野菜や果物の収穫を通して秋の食べ物に興味をもったり、野菜や果物の特徴にも目を向けていく。

環境構成

  • 運動中は水分補給と休息をしっかりと取るようにする。
  • 劇遊び等で発表会へ気持ちを繋げていく。
  • 換気を継続し、感染症を防いでいく。
  • 困っている子に、どのように周りの子に助けを求めたら良いのか伝え、自分で動けるようにする。

家庭との連携

  • 行事に向けての姿や変化を伝え、成長を共有する。
  • 感染予防を今まで通り行って頂き感染症を防いでいく。
  • 季節性の感染症も流行してくるため、細かな変化も伝えていく。

評価・反省

  • 運動会では、一人ひとりが自分の力を発揮し、達成感を感じることができていた。自信にもなっており、その後も無い事も何事にも意欲的に取り組んでいる。引き続き、自信を持って取り組めるようにする。

発表会に向けて園児同士で役割を分担し、園児が活躍する場面を作ってみましょう!発表会の計画についてはこの本をチェック!👇

文例集の記事リスト