保育士の仕事を支援するポータルサイト

【3歳児】9月の月案の書き方や記入例

  • 文例集
子どもの姿 プールでのできた経験が自信となり、新しい活動にも意欲をもって取り組もうとする。「のどが渇いた」「汗をかいたから着替える」など、体調の変化を言葉で伝えたり、清潔の意識をもって自ら着脱しようとしたりする。身の回りの人に目を向
続きを見る
保育士向けeラーニング 保育士のお仕事探しを支援

あと10秒で閲覧できます

無料会員登録で待ち時間なしで閲覧できます!

無料会員登録はこちら

子どもの姿

  • プールでのできた経験が自信となり、新しい活動にも意欲をもって取り組もうとする。
  • 「のどが渇いた」「汗をかいたから着替える」など、体調の変化を言葉で伝えたり、清潔の意識をもって自ら着脱しようとしたりする。
  • 身の回りの人に目を向け、困ったり泣いたりする友達に声をかける思いやりが見られる。
  • プール遊びの際には、衣服の着脱からプールへの移動までの一連の流れを理解し、自分から進んで行う姿が見られる。
  • 室内遊びでは、パズルで一人で遊ぶ子や友達とごっこ遊びをする子など、自分の好きな遊びをしている。

ねらい

  • 夏の疲れをいやし、十分な休息を取ったり、水分補給をしながら、心身共に安定した生活を送る。
  • 散歩や戸外遊びを通して秋の自然に親しみ、興味や関心をもつ。
  • 友達や保育者と、全身を使って遊ぶことを楽しむ。

養護

  • 保育者や友達に気持ちを伝えたり、相手の気持ちを聞いたりする。
  • 保健衛生に気を付け、健康に過ごす。
  • 保育者に体調の不良を言葉で伝える。

教育

  • 活動の後の汗の始末や、手洗い、うがいを自らしようとする。
  • 戸外で運動用具を使って、体を動かして遊ぶ。
  • 用具を貸したり借りたりして順番を待ち、交代しながら遊ぶ。

環境構成

  • 子どもと目線を合わせ、うなずいたり、手を握ったりしながら、優しく子どもの言葉を聞くことで、安心して自分の気持ちを伝えられるような雰囲気をつくる。
  • 午睡がなくなったが、個々に応じて休息が取れるような場所を準備する。
  • 新しい用具を使う場合は、遊び方が視覚で分かるように図示する。
  • 保育者も腕や足を大きく動かして思いきり走ったり、元気に体を動かしたりする姿を示し、子どもが遊びたくなるような雰囲気をつくる。
  • 運動会の準備物を一緒につくることができるよう、必要な物を家庭で準備してもらい、使いやすいように出しておく。
  • 子どもと散歩バッグをつくり、準備しておく。

食育

  • 慣れない食べ物や苦手な食べ物にも挑戦する。
  • 食事の準備や片付けの仕方を知る。
  • 苦手な物を少しでも食べてみようと思えるような、楽しい環境を整える。
  • 食事の準備や片付けの手順を示した写真や絵を提示する。
  • 友達や保育者が、苦手な食材をおいしそうに食べているのを見て、食べてみようとする。
  • 苦手な物は、かたくなに食べようとしない。
  • 食器を置く位置が正しくない子がいる。
  • 準備や片付けの仕方が少しずつ身に付いている。
  • 苦手な食材を無理強いするのではなく、子どもの気持ちを尊重しつつ、他の子や保育者がおいしそうに食べている様子をさり気なく見せることで、食べてみようと思える雰囲気をつくる。
  • 食器の置き方や片付けの手順など、できているところは認めながら、楽しく身に付けられるようにする。

家庭との連携

  • 体を動かす活動が多いので、早寝の習慣が身に付くようにしてもらう。
  • 運動会の取り組みの様子を、連絡帳や送迎時に伝えることで、一緒に子どもの成長を喜び合う。
  • まだ暑い日が続いたり、朝夕と日中の気温差が大きくなったりするので、健康状態などを伝え合う。

職員との連携

  • 天候や気温、子どもの汗の様子に応じて、衣服の調節を行う。
  • 暑さから疲れやすく、体調を崩しやすい時期なので、一人一人の体調や意欲について把握する。

評価・反省

  • 初めての運動会の経験となる子もおり、一つずつ楽しく意欲をもって取り組めるように活動を進めた。かけっこを楽しみにする中で、負けて悔しいという今までにない感情を抱く子もいた。悔しい気持ちに寄り添い、共感し、また次への意欲につながるように配慮しながら関わった。
  • 忍者になるというイメージのもと、跳ぶ、くぐる、つながるなど、様々な動きの運動遊びに取り組んだ。できなかったケンパにも自主的に友達と取り組み、できるようになった喜びや自信を感じる子どもの姿が見られた。今後も、新しいことを取り入れる際には導入を工夫して、意欲的に取り組むことができるように働きかけたい。
  • 散歩に出かけ、様々な秋の自然に触れた。季節を知ることはまだ難しいが、涼しくなったこと、また、秋になったから木の葉が落ちたり、様々な木の実、クリやカキが実ったりすることを伝え、秋ならではの自然を存分に感じながら遊べた。
  • 午睡がなくなったことから生活のリズムが大きく変化した。夕方、眠そうな子どもの姿も見られた。家庭と連携を図って個々の状態に気を配りながら見守っていきたい。
マイナビ保育士 保育士のための実力アップセミナー 保育士のお仕事探しを支援 保育のお仕事応援フェスタ 保育士向けeラーニング

文例集の記事リスト

  • 月案
  • 週案
  • 日案
  • 食育計画
  • 年間指導計画
  • クラスたより
  • 給食たより
  • 園たより
  • その他文例

その他文例

×閉じる