保育士の仕事を支援するポータルサイト

【4歳児】12月の月案の書き方や記入例

  • 文例集
子どもの姿 お店やさんごっこでは年下の友達に優しく声をかけたり、世話をしたりしていた。身の回りのことは自分で気付いて行う。ねらい 様々な素材を使って、遊ぶ物をつくったり、かいたりして楽しむ。クラスのみんなで活動する楽しさを味
続きを見る
保育士向けeラーニング 保育士のお仕事探しを支援

あと10秒で閲覧できます

無料会員登録で待ち時間なしで閲覧できます!

無料会員登録はこちら

子どもの姿

  • お店やさんごっこでは年下の友達に優しく声をかけたり、世話をしたりしていた。
  • 身の回りのことは自分で気付いて行う。

ねらい

  • 様々な素材を使って、遊ぶ物をつくったり、かいたりして楽しむ。
  • クラスのみんなで活動する楽しさを味わう。
  • 友達とルールのある遊びを楽しみ、ルールを守ろうとする。
  • 寒さに負けず、戸外で体を動かして遊ぶことを楽しむ。
  • 一年の終わりを知り、新しい年を迎える準備をする。

養護

  • 気温や活動に合わせて、自分で衣服を調節しようとする。
  • 石けんでしっかり手を洗い、うがいを丁寧に行う。
  • 鼻水が出たらかみ、咳やくしゃみをするときのエチケットに気を付ける。

教育

  • 12月は一年の終わりであることを知り、年末年始の過ごし方を知る。
  • 自分に思いがあるように、友達にも思いがあることを知り、友達の思いも少しずつ受け入れようとする。
  • 異年齢児と一緒に遊んだり活動をしたりしながら、親しみをもち、関わりを深める。
  • 「クラスみんなで○○組」ということを知り、みんなでの活動を楽しむ。
  • ストーリーのある長い話を少しずつ楽しむ。
  • 友達と一緒に、ルールのある遊びや、体を十分に動かして遊ぶことを楽しむ。

環境構成

  • 手洗い、うがいを丁寧にできるように、保育者がそばに付いて声をかける。
  • 手の汚れを見る装置で、洗った手にどのくらいのばい菌が残っているか、目で確認する機会を設ける。
  • 適温の麦茶を用意し、のどが渇いたらいつでも水分補給できるようにする。
  • 保育室の温度、湿度をチェックし、暖房や加湿器でちょうどよく調節する。
  • 大掃除用のぞうきんを一人一枚ずつ用意する。バケツ、ほうき、ちり取りなどもそろえる。
  • クリスマスリースづくりやツリーに飾る物をつくるための、キラキラした素材(モール、ホイル折り紙など)や、セロハン、毛糸などを用意する。
  • 玄関に大きなツリー、飾り棚にお菓子の家やオブジェなどを飾り、クリスマスの雰囲気をつくる。
  • 正月飾りをかけ、鏡もちを供えてお正月を迎える準備をする。

食育

  • できるだけ箸を使用して食べる。
  • 栄養に興味をもちながら食事をする。
  • 保育者が正しい箸の持ち方を見せたり、子どもの後ろに回って一緒に持ったりする。
  • 箸の練習ができるような、つまみやすい物を空いた器に移す遊びができるように用意しておく。
  • 食器にごはん粒を残さないよう、きれいに食べてから食器かごへ戻す。
  • 生長を楽しみにしながら、水やりなどの世話をする。
  • 栄養士からの栄養の話を保育者も話題にしながら、栄養に興味がもてるようにする。
  • カブが育つ様子を一緒に観察しながら、興味をもって世話ができるようにする。

家庭との連携

  • 発表会に向けて、役ごとに必要な衣類を伝え、協力をお願いする。
  • 厚着にならないよう、自分で調節しやすい衣類を用意してもらう。また、寒くても戸外で遊ぶことが大切なことを知らせる。
  • 年末年始の家庭での過ごし方について、生活リズムが崩れないよう、健康に十分に気を付けることを呼びかける。
  • もちつきの会では保護者にも協力を依頼し、子どもと一緒にもちをついて食べることを楽しんでもらう。

職員との連携

  • 発表会に向けて、ホールで遊ぶ日程や使用時間を確認する。
  • 室温と湿度をまめに確認して、快適に過ごせるようにする。

評価・反省

  • 拾ったドングリや枝を使い、自然物での製作をたくさん経験できた。一斉の活動ではなく、材料をそろえて好きなときに行えるようにしたことで、じっくり取り組めた。毛糸の巻き方や色使いなど、個性が出る作品ができた。
  • 気の合う友達と遊びが長く続く。玩具の扱い方に気を付けるように、声をかけ合っている。
  • 種をまいた冬野菜(カブ)の芽が出たことで、生長を楽しみにしている。
  • 手洗いに時間をかけると同時に、うがいにも意識が向くようになった。咳やくしゃみの仕方も教えると、気を付けるようになった。
  • 着替えは自分で、短時間でできるようになった。
  • 異年齢児との活動では、今までは5 歳児についていくことが多かったが、迎えに行ったり手をつないだりする姿が見られるようになった。
  • ダイコンの絵をかいたり、自然物を使った製作を行ったりして、「もっとやりたい」と意欲的になった。
マイナビ保育士 保育士のための実力アップセミナー 保育士のお仕事探しを支援 保育のお仕事応援フェスタ 保育士向けeラーニング

文例集の記事リスト

  • 月案
  • 週案
  • 日案
  • 食育計画
  • 年間指導計画
  • クラスたより
  • 給食たより
  • 園たより
  • その他文例

その他文例

×閉じる