保育士の仕事を支援するポータルサイト

【3歳児】11月の月案の書き方や記入例

  • 文例集
子どもの姿 戸外で体を動かして遊ぶことを好み、友達を誘い合って鬼ごっこや、かけっこをする。順番を守り、共用の物を使う。一方で衝動的に手が出たり、何も言わずに取ってしまったりする子もいる。物語や童話などを楽しみ、全身を使って登場人物に
続きを見る
保育士向けeラーニング 保育士のお仕事探しを支援

あと10秒で閲覧できます

無料会員登録で待ち時間なしで閲覧できます!

無料会員登録はこちら

子どもの姿

  • 戸外で体を動かして遊ぶことを好み、友達を誘い合って鬼ごっこや、かけっこをする。
  • 順番を守り、共用の物を使う。一方で衝動的に手が出たり、何も言わずに取ってしまったりする子もいる。
  • 物語や童話などを楽しみ、全身を使って登場人物になりきって遊ぶ。
  • 天気の良い日には戸外に出て、走る、跳ぶ、回るなど多様な動きを楽しむ。
  • 自分の苦手な食材が出た際には、「少しにしてください」と自ら伝えるなど、食べられる量を調整する姿が見られる。

ねらい

  • 健康に生活する。
  • 安心して活動する。
  • 自分でできることを行い、満足感を味わう。
  • 友達とイメージを共有しながら、ごっこ遊びを楽しみ、言葉や体などで表現する。
  • 秋の自然に触れながら、散歩をする。
  • 自分の言いたいことを友達に伝える。

養護

  • 薄着で過ごす。
  • 衣服の調節を行い、健康に過ごす。

教育

  • 排泄の始末の仕方を知り、自分でやってみる。
  • 友達と一緒に遊び、達成感を味わう。
  • 身の回りの数字や形に興味をもつ。
  • お話の中の登場人物になりきり、友達とイメージを共有しながら、ごっこ遊びをする。
  • 経験したことを、クレヨンでかいて表現する。

環境構成

  • 気温に応じて、エアコンで暖房する。日が差しているときはエアコンを消す。使用時はこまめに換気を行い、快適な生活環境をつくる。
  • 背中をさすったり、手をつないだりして、自分の気持ちを安心して伝えられるような雰囲気をつくる。
  • 外遊び後はガラガラうがい、歯磨き後はブクブクうがいという違いを図示し、洗面所にはっておく。
  • カレンダーの見方を伝えるとともに、数字カードを準備する。
  • 文字や数字に興味がもてるよう、平がなや数字の磁石、それをはり付ける小さなボードを用意する。

食育

  • 食器や箸の正しい持ち方を身に付ける。
  • 完食する喜びを重ね、食べる意欲をもつ。
  • 食器や箸の正しい持ち方を示した分かりやすい絵や写真をはることで、子どもが見て真似ようと思える環境を整える。
  • 自分の努力を言葉や笑顔で認められることに喜びを感じ、意欲をもてる環境を整える。
  • 正しい箸の使い方を身に付けようと、努力する子がいる。
  • 子ども同士で、箸の持ち方を教え合う。
  • 自ら食べられる量を調整しにくる子もいるが、恥ずかしさから自分からは言えない子もいる。
  • 子どもたちの努力する姿を認め、みんなで楽しくマナーを身に付けられるような言葉をかけたり、雰囲気をつくったりする。
  • 子どもの食べられる量を把握し、完食する喜びを重ねて、自ら食べたいと思えるようにする。

家庭との連携

  • インフルエンザなどの感染症が流行っているので、家庭でも手洗い、うがいの習慣が身に付くように見守ってもらう。
  • 発表会に向けての取り組みの様子を、連絡ノートや送迎時に伝え、子どもの成長を喜び合う。
  • 薄着で過ごす大切さを伝え、厚着にならないよう、調節しやすい衣服を準備してもらう。

職員との連携

  • 感染症について理解し、体調の変化をすばやく発見できるように努める。
  • 劇遊びや、歌、合奏を通して、みんなの前で自信をもって表現できるよう、一人一人のすてきなところを十分に認める。

評価・反省

  • 体調を崩し、欠席する子が多くいた。再度、保育室内の環境を見直し、室温、湿度、換気などに留意し、感染症予防に努めたい。
  • 排泄では、紙の切り方、紙の長さ、ふき方を伝え、自分で始末ができるように丁寧に知らせた。仕上げは必ず保育者が行い、子どもが自分でやってみるように関わった。また、鼻水が出ていることに気付き、自分でかめる子もいれば、そのまま過ごす子もいる。鼻をかむ際は、ティッシュを半分に折り、片方ずつかむことなどを丁寧に伝えていきたい。
  • 友達との仲が深まり、自分の姿に自信をもちはじめた一方で、口調や伝え方が怖かったり、相手が不快に感じるような言葉を使ったり、トラブルに発展することが増えた。保育者自身も、正しい言葉づかいや伝え方を意識するとともに、子どもと一緒に考える機会を設けたい。
  • なわとびを楽しんでいたら、「入れて」と言う子どもがいた。まだ跳べない子だったため、遊びが中断して、なわとび遊びはやめてしまった。こういう場面での保育者の仲介の仕方を考えていきたい。
マイナビ保育士 保育士のための実力アップセミナー 保育士のお仕事探しを支援 保育のお仕事応援フェスタ 保育士向けeラーニング

文例集の記事リスト

  • 月案
  • 週案
  • 日案
  • 食育計画
  • 年間指導計画
  • クラスたより
  • 給食たより
  • 園たより
  • その他文例

その他文例

×閉じる