保育士の仕事を支援するポータルサイト

【1歳児】8月の月案の書き方や記入例

  • 文例集
子どもの姿 シャワーを嫌がる子(2名)も回を重ねるごとに慣れ、自分から進んで用意をするようになる。水遊びは全員が嫌がらずに楽しみ、水の感触を味わう。着脱や食事などを意欲的に自分でやろうという姿が多くなっている。暑さから食欲が落ちてい
続きを見る
保育士向けeラーニング 保育士のお仕事探しを支援

あと10秒で閲覧できます

無料会員登録で待ち時間なしで閲覧できます!

無料会員登録はこちら

子どもの姿

  • シャワーを嫌がる子(2名)も回を重ねるごとに慣れ、自分から進んで用意をするようになる。水遊びは全員が嫌がらずに楽しみ、水の感触を味わう。
  • 着脱や食事などを意欲的に自分でやろうという姿が多くなっている。
  • 暑さから食欲が落ちている子もいる。

ねらい

  • 保健的で安全な環境の中で、快適に過ごす。
  • 夏の遊びを楽しむ。

養護

  • 簡単な衣服を、保育者に手伝ってもらいながら着脱する。 
  • 夏の疲れが出る頃なので、食事・水分・休息を十分にとり、快適に過ごす。
  • 一定時間ぐっすり眠る。

教育

  • 保育者に仲立ちしてもらいながら友達と触れ合い、同じ遊びを楽しむ。
  • 保育者と一緒に泥遊びや水遊びを楽しむ。
  • 小麦粉粘土やシール貼りなど、手先を使った遊びをする。
  • 片言や身振りで友達と関わろうとする。

環境構成

  • 一人でズボンがはきやすいように腰かけられる台を用意する。
  • 室内は風通しをよくしたり、クーラーを利用したりして室温調節をする。
  • 暑さで食欲が落ちているときは、フルーツを先に食べるように促したり、風通しのよいところに移動したりする。
  • 友達のやっていることをまねて遊べるように、ままごと用のスカートやバッグなどは複数を用意する。
  • 色水遊び用に、乳酸菌飲料の空き容器や食紅などを用意する。

食育

  • 食事の量を加減したり援助したりして、無理強いせず、気持ちよく食べられるようにする。
  • 夏の野菜やくだものについての話や絵本を通して、旬の食材への興味を広げていく。

家庭との連携

  • プールカードの記入や、水遊びの用意を忘れないように再度声をかける。
  • 夏の疲れが出てきて体調を崩しやすいため、連絡帳や登降園時を通して健康状態を十分に伝え合う。

職員との連携

  • 職員が不在になることが多いため、連絡事項や子どもの様子などをきちんと伝え合う。
  • 子ども同士のトラブルが増えてきているので、原因やそのときの様子を伝え合い、どの職員でも同じ姿勢で対応できるように確認しておく。

評価・反省

  • 発熱する子は数名いたが、大きく体調を崩すことなく登園することができた。9月に入っても暑い日が続き疲れが出やすいので、一人一人の健康状態を把握し、食事・水分・休息を十分にとりながら、快適に過ごせるようにしたい。
  • 衣服の着脱、手洗いなど、簡単な身の回りのことも自分でやろうとする姿が多くなり、十分にほめることで自信や意欲が育ってきているのがよい。引き続き見守りたい。
  • 汗をかくためか排尿の間隔が長くなってきているので、タイミングを見てトイレに誘い、トイレでの排尿を促したい。
  • 衣服の着脱を自分でやりたい意欲が強くなったので、着脱の仕方をくり返し知らせ、必要に応じて自然な援助をしたところ、自分でズボンをはこうとしたり、はけたりする姿が少しずつ増えてきた。引き続き一人一人の育ちに合わせて適切な援助をする中で、「自分でする」という意欲を大切にしたい。
  • 食後のエプロンやタオルを片付けるなど、簡単な身の回りのことに興味が出てきている。汚れ物入れのカゴをマークが見えるように設置したり、袋を広げて入れやすいようにしたりする配慮で、できたときには一緒に「できた」と喜び合い、達成感を味わいたい。
  • 色水遊びや洗濯ごっこなどを用意したことで、毎日の水遊びも飽きることなく十分に楽しめる環境づくりができた。
  • 暑さから食欲が落ち、食事が進まない子には、先にフルーツを食べさせたり、風通しのよいところで食べさせたりするなどの配慮をしたことで、少しでもたくさん食べようとする姿が見えてよかった。今後も個々に合わせた対応をしたい。
マイナビ保育士 保育士のための実力アップセミナー 保育士のお仕事探しを支援 保育のお仕事応援フェスタ 保育士向けeラーニング

文例集の記事リスト

  • 月案
  • 週案
  • 日案
  • 食育計画
  • 年間指導計画
  • クラスたより
  • 給食たより
  • 園たより
  • その他文例

その他文例

×閉じる