保育士の仕事を支援するポータルサイト

0歳児の年間指導計画の書き方や記入例

  • 文例集
年間目標 発達に応じた適切な援助により、離乳、運動機能の発達、発語の意欲を育む。保健的で安全な環境をつくり、疾患や体の異常の発見に努め、快適な生活ができるようにする。発達に合わせて、身体活動を活発に行う。聞く・見る・触れるなどの経験
続きを見る
保育士向けeラーニング 保育士のお仕事探しを支援

あと10秒で閲覧できます

無料会員登録で待ち時間なしで閲覧できます!

無料会員登録はこちら

年間目標

  • 発達に応じた適切な援助により、離乳、運動機能の発達、発語の意欲を育む。
  • 保健的で安全な環境をつくり、疾患や体の異常の発見に努め、快適な生活ができるようにする。
  • 発達に合わせて、身体活動を活発に行う。
  • 聞く・見る・触れるなどの経験を通して、感覚や手や指の機能を発達させる。
  • 身の回りに対する興味や好奇心を、芽生えさせる。
  • 生活リズムを重視して、生理的欲求を満たし、生命の保持と情緒の安定を図る。

子どもの姿

  • 手足を元気に動かし、寝返りをする。
  • 腹ばいで前進する。
  • 喃語を発する。
  • 歯が生え始め、よだれが増える。
  • 保育者の顔をじっと見つめ、笑顔を見せる。
  • 手に触れた物を口に運ぶ。
  • 離乳食に慣れ、もぐもぐ、ごっくんができるようになる。
  • 空腹やオムツの汚れなど、不快を泣いて訴える。
  • 体調不良により、咳や鼻水、熱が出る。
  • 布団で眠ることができず、保育者の抱っこやおんぶで眠る。
  • 保育者のまねをして手をたたいたり、体を揺らしたりしながら、手遊びを楽しむ。
  • 友達の姿に興味が出始め、顔や体に触れる。
  • 指差しや片言で、自分の気持ちを表そうとする。
  • 簡単な手遊びをしたり、絵本を見たりすることを楽しむ。
  • 簡単な言葉を理解し、指差しをしたり、「ワンワン」「ブーブー」など、言葉を発したりする。
  • 歩行が安定する。
  • 保育者が誘うとトイレへ行き、便器に座る。便器に座るのを嫌がる子もいる。
  • 意欲的に手づかみ食べをする。また、食具を使って食べようとする。
  • 意味のある言葉が増える。

ねらい

  • 自分の身の回りの物に興味を持ち、活発に探索活動をする。
  • はいはい、つかまり立ち、つたい歩きなど、活発に体を動かして遊ぶ。
  • 優しい語りかけにより、発語への意欲が育つ。
  • 心地よい生活を送る。
  • 体調や気温に留意され、心地よく生活できるように保育の環境を整えられる。
  • 保育者の愛情豊かな受容と関わりの中で、触れ合い遊びを十分に楽しむ。
  • 保育者と十分に関わりながら欲求を満たされ、安心して過ごす。
  • 好きな遊びを十分に楽しむ。
  • 抱っこやベッド、ゆりかごなどに慣れ、安心して眠る。
  • 保育者と一緒に戸外に出たり散歩したりすることを喜び、季節の自然に触れることを楽しむ。
  • 個々に合った生活リズムで過ごす。
  • 気候の変化に合わせ、衣服を調整してもらい、健康に過ごす。
  • 体調が崩れやすい季節は、個々に合った生活リズムで過ごす。
  • 愛情あふれる環境の中で、優しく語りかけられ、言葉を発することを楽しむ。
  • 保育者の仲立ちにより、友達との関わりを楽しむ。
  • 歩行での探索活動を十分に楽しむ。

内容(養護)

  • 活動量・月齢に応じて、ミルクの量を加減してもらい飲む。また、ドライミルクからフォローアップミルクに移行され飲む。
  • ゆったりとできる環境の中で、ミルクを飲む。
  • 授乳、排泄、睡眠などについて留意され、生活リズムが整い、園生活に慣れる。
  • 手づかみでつかみやすい食べ物は、自分で口に持っていき食べようとする。
  • 信頼できる保育者の抱っこで安心して眠る。
  • 保育者の丁寧な関わりの中で、園生活に慣れ、情緒が安定する。
  • 信頼できる保育者と触れ合い、保育者の愛情豊かな受容により、心地よい生活を送る。
  • 食事の前後や衣服が汚れた際は、顔や手を拭いてもらったり衣服の着脱をしてもらったりし、きれいになった心地よさを感じる。
  • オムツを替えてもらい、心地よさを味わう。
  • 室温・湿度に応じて、汗を拭いてもらったり、着替えをさせてもらったりして、気持ちよく生活する。
  • 安心できる保育者の下で、安全に生活する。
  • スプーンが唇の手前で止まると、自分でスプーンに口を近付け、口に入れようとする。
  • コップやフォーク、スプーンの感触に慣れる。
  • ゆったりできる環境の下で、優しい声かけにより楽しく食事をする。
  • 信頼できる保育者との関係の中で、甘えたり喜んだり怒ったりと、様々な感情を安心して表現できる。
  • 自分の欲求を言葉で伝えようとする。

内容(教育)

  • 大人の語りかけや、あやしに対し、じっと見つめたり微笑んだりする。
  • 泣いたり、笑ったり、大きな声を発したりすることで自分の欲求を表現する。
  • 泣くことで自分の気持ちを表現しようとする。
  • 喃語を発し、応答してもらうことを喜ぶ。
  • はいはいやつかまり立ち、つたい歩きで移動することや、様々な体位により見える視界の違いを楽しむ。
  • 全身を使って自分の気持ちを表現する。
  • はいはいやつたい歩き、歩行などで探索活動を十分に楽しむ。
  • 水に触れる。
  • 感触遊びを楽しむ。
  • つまむ、たたく、引っ張るなど指先や手を使って遊ぶ。
  • 好きな遊具を見付け、音を鳴らしたり動かしたりして遊ぶ。
  • 保育者とのスキンシップを喜び、体に触れるあやし遊びを楽しんだり、保育者の模倣をしたりする。
  • リズミカルで簡単な歌や手遊び、触れ合い遊び、わらべうた遊びを楽しむ。
  • 安心できる保育者の見守りの中で、一人遊びを十分に楽しむ。
  • 喃語を発し、応答してもらうことを喜び、簡単な一語文を話す。
  • 歌や音楽に合わせて、体を動かして遊ぶことを楽しむ。
  • 保育者と一緒に絵本を見ながら、簡単な言葉の繰り返しや模倣を楽しむ。
  • 保育者と一緒に歌ったり、簡単な手遊びをしたり、音楽に合わせて体を動かしたりして遊ぶ。
  • 戸外に出ることを喜び、身体を動かして遊ぶことを楽しむ。
  • 上ったり下ったり、跳んだり押したり、引っ張ったり、などの全身運動を楽しむ。
  • 保育者の愛情豊かな語りかけや、発語・発声への丁寧な応対により、発語の力が育まれる。
  • 信頼できる保育者との触れ合いの中で、安心して自分の遊びを楽しむ。
  • 友達に興味を持ち、顔を近付けたり、触れたりする。
  • 友達と同じ空間で、音楽に合わせて踊ったりリズム遊びを楽しんだりする。
  • 友達がトイレに行く様子を見て、自分も行こうとする。
  • 保育者に意欲を受け止めてもらいながら、身の回りのことを何でも自分でしようとする気持ちが芽生える。

環境構成

  • 音の出る玩具、動かして遊べる玩具など、子どもたちの発達状況に応じて、発達を促すような手づくりの玩具を準備する。
  • 個々の発育や、発達状況、身体能力に応じて、子どもが自ら興味を持って遊びたくなるような環境を設定する。
  • ついたてをつくり、玩具が散乱しないようにしたり、机や椅子を片付けたりして、転倒をしても危険のないように保育室の環境を整える。
  • 誤飲を防ぐため、直径3.5センチよりも小さな玩具は置かないようにする。また、定期的に玩具が壊れていないか点検をし、なめたり口に入れたりしても危険のないようにする。
  • 子どもたちに背を向けない保育者の立つ位置をそのつど確認し、安全に過ごせる人的環境を整える。また、テーブルや椅子などは保育者の位置を配慮した配置にする。
  • 遊び、食事、睡眠の場を、簡単に移動できる仕切りを用いてスペースを区切り、一人一人の生活リズムに合わせて落ち着いて過ごせるような環境を整える。
  • 危険のないよう、それぞれの発達に応じて保育室を区切り、腹ばい、はいはい、歩行などの身体運動が十分行えるよう環境を整える。
  • 玩具は消毒をして常に清潔にしておく。
  • 保育室はこまめに掃除をし、保育環境を整える。
  • 検温がすぐにできるような場所に体温計を置いておく。
  • たたいたり、つまんだりと存分に遊べるような、発達に合った玩具を用意する。
  • 玩具の取り合いなどの際は、保育者が口添えをする。未然に防ぐためにも複数用意するなど工夫をする。
  • トイレには子どもたちの好きな動物や花、キャラクターなどの絵を貼るなどする。

保育者の援助

  • 「泣いてもいいよ」と、ゆったりとした優しい気持ちで子どもを抱く。微笑みかけたり、喃語に応答したりして安心感を与え、子どもとの触れ合いを大切にする。
  • あやすと笑いかけたり手足をバタバタさせたりするので、子どもと目を合わせて表情豊かに優しく笑いかけ、笑いを共有する。
  • 晴れている日は積極的に戸外へ出かけ、保育者が自然に目を向けて、「チューリップだね」「タンポポだね」などと手にとって知らせることで、季節の自然に親しめるようにする。
  • 歌や手遊びに興味を示し模倣したくなるように、保育者は優しく明るい声で歌ったり、大きな身振り・手振りで示したりする。
  • はいはい、つたい歩き、歩行など移動運動が盛んになるので、思いきり体を動かして遊べる、安全で活動しやすいスペースを確保し、保育者は子どもの姿に背を向けない場所に座る。
  • ゆったりとした雰囲気の中で、ゆっくりリズムを取りながら歌い、保育者が振りを示し、まねをしたくなるように関わる。
  • 甘えたい気持ちを受容し、保育者と一対一で触れ合う関係を大切にする。
  • 子どもと向かい合って膝に乗せてリズミカルな歌を歌いながら上下に軽く体を動かし、一対一の触れ合い遊びを楽しむ時間を大切にする。
  • 優しい笑顔や語りかけで子どもたちの欲求にこたえ、安心して過ごせるような雰囲気をつくる。
  • すべての職員が、一人一人の子どもの体調や発達、食事形態などを把握して保育を進める。
  • 言葉が盛んに出てくる時期なので、子どもの言葉に優しく耳を傾け、その場に応じた正しい言葉で対応する。また、子どもの思いを言葉にして応答することで、発語を促し、話すことが楽しくなるようにする。
  • 「○○ちゃんもいるね」「一緒だね」と友達の存在を感じられる言葉をかけ、友達といることに喜びを感じられるようにする。
  • 指差しや発語に応答し、「○○ちゃんだね」「△△だね」と友達や物の名前を保育者が言葉で返すことで、人や物への興味・関心が広められるようにする。
マイナビ保育士 保育士のための実力アップセミナー 保育士のお仕事探しを支援 保育のお仕事応援フェスタ 保育士向けeラーニング

文例集の記事リスト

  • 月案
  • 週案
  • 日案
  • 食育計画
  • 年間指導計画
  • クラスたより
  • 給食たより
  • 園たより
  • その他文例

その他文例

×閉じる