保育士の仕事を支援するポータルサイト

【0歳児】8月の日案の書き方や記入例

  • 文例集
日のねらい 保育者や友達と一緒に、水遊びや沐浴を楽しむ。内容 水に触れ、感触や心地よさを感じる。また、水を手ですくったり、水の中の玩具をつかんだりするなど、指先を使って遊ぶ。評価・反省 座って楽しみたい子、立って楽し
続きを見る
保育士向けeラーニング 保育士のお仕事探しを支援

あと10秒で閲覧できます

無料会員登録で待ち時間なしで閲覧できます!

無料会員登録はこちら

日のねらい

  • 保育者や友達と一緒に、水遊びや沐浴を楽しむ。

内容

  • 水に触れ、感触や心地よさを感じる。また、水を手ですくったり、水の中の玩具をつかんだりするなど、指先を使って遊ぶ。

評価・反省

  • 座って楽しみたい子、立って楽しみたい子、顔に水がかかっても平気な子、泣いてしまう子など、様々な姿が見られた。個々の様子に応じて、たらいを準備し、それぞれの遊びができるように職員間で連携を図ることができた。

予想される子どもの姿

  • 7:00〜 随時登園
  • 8:30 早番保育より引き継ぎ、自由遊び
  • 9:15 オムツ交換、片付け
  • 9:40 おやつ
  • 10:15 着替え(水遊びの準備)
  • 10:20 水遊び
  • 10:35 シャワー
  • 10:50 オムツ交換、手洗い、水分補給
  • 11:10 給食
  • 11:50 午睡
  • 15:00 おやつ
  • 16:30 随時降園

環境構成

  • 子どもたちの着脱を手伝う保育者、水遊びの準備をする保育者に分かれ、保育者間で連携を図る。
  • 水遊び後の沐浴、シャワーの際に、タオルや衣服を取り出しやすいように個別に準備しておく。
  • たらいを用意する。
  • 水遊び用のジョウロやスポンジなど、玩具を用意する。
  • 一緒に玩具で遊んだり、保育者も玩具で遊ぶ姿を示したりして、自ら触ってみたくなるような雰囲気をつくる。
  • シャワーの際は、必ず保育者もシャワーの温度を体感してから始める。
  • 水遊び、シャワー後はクーラーを消し、窓を開けて、自然の風を取り入れる。
  • 水分補給ができるように、一人一人に応じてコップ、マグ、哺乳瓶などを分かりやすいように準備しておく。

保育者の援助

  • 「お水パシャパシャして遊ぼうね」と、子どもに活動の内容を伝え、言葉をかけながら着脱を行う。
  • 保育者は、子どもに背を向けないように配慮し、たらいへの出入りの際は滑らないように必ず保育者が支えたり、手を添えたりして、転倒を防ぐ。
  • 一人15分を目安とし、個々の様子に応じて時間を短縮したり、ゆったりと遊べるように時間を延ばしたりする。
  • 保育者も楽しそうに水に触れ、「冷たいね」「気持ちいいね」と言葉を添えて子どもたちに伝え、水の心地よさを感じられるようにしていく。
  • 水の感触を楽しみながら、友達への興味も持てるようにする。
  • 子どもの遊びを見る保育者、室内に残る保育者に分かれ、声をかけ合いながら、シャワー、沐浴、着脱を行う。
  • 「気持ちよかったね」「楽しかったね」などと子どもたちとのスキンシップを大切にしながら気持ちよく着脱できるようにする。
  • 給食の際は、暑さに伴い食欲が減退するので、食べる量を加減する。また、水分補給の際もお茶の量を調節し、おいしく食事ができるようにする。
マイナビ保育士 保育士のための実力アップセミナー 保育士のお仕事探しを支援 保育のお仕事応援フェスタ 保育士向けeラーニング

文例集の記事リスト

  • 月案
  • 週案
  • 日案
  • 食育計画
  • 年間指導計画
  • クラスたより
  • 給食たより
  • 園たより
  • その他文例

その他文例

×閉じる