保育者の仕事を支援するポータルサイト

子どもと読みたい!オススメ絵本⑤【4・5歳児】「ちびころおにぎり なかみはなあに」

「子どもと読みたい!オススメ絵本」では、年齢別におススメの絵本の紹介とあわせ、保育における絵本の世界の展開事例をご紹介します

「ちびころおにぎり なかみはなあに」
作・絵:おおい じゅんこ 出版社:教育画劇

 色々な具の詰まった美味しそうなおにぎりさんたち、そこに一人だけ中身のない、ちびころおにぎりちゃんがいます。中身の欲しいちびころおにぎりちゃん、おにぎり友だちがみんなでお家の中に中身を探しにいきます。 
 さあ、ちびころおにぎりちゃんの中身は見つかるのかな?

絵本の世界を遊びに展開!:「おにぎり作り(食育)」

 食事の前に繰り返し読むことで「こんな中身だったらおいしそう!」「おにぎりつくったことある!」と会話が変化していきました。
 そのような子どもたちの姿からおにぎり作りを提案し、食育活動でおにぎり作りに挑戦!好きな具を選び自分でおにぎりを作ることで食への興味関心が広がっていきました。また、作る工程を知ることで食事に対して感謝の気持ちが芽生え給食を残す子どもたちが減っていきました。

今回紹介した本はコチラ!