保育者の仕事を支援するポータルサイト

子どもと読みたい!オススメ絵本⑧【3・4歳児】「おおかみと7ひきのこやぎ」

「子どもと読みたい!オススメ絵本」では、年齢別におススメの絵本の紹介とあわせ、保育における絵本の世界の展開事例をご紹介します

「おおかみと7ひきのこやぎ」
原作:グリム 文・絵:いもと ようこ 出版社:金の星社

 グリム童話のお話をいもとようこさんが優しい絵のタッチで描いた絵本です。

 おおかみさんに食べられないように子やぎたちは知恵を絞ります。
 「あれ?手が黒い」「声が変だ」「どこに隠れようかな」…
 子どもたちの考える力や協力する力を育む絵本としてもオススメです。

絵本の世界を遊びに展開!:「おおかみさんいまなんじ?」「ごっこ遊び」

 戸外では、「おおかみさんいまなんじ?」の遊びに繋げていくと簡単なルールのある遊びに発展していけます。

 室内では、読み聞かせの後、おおかみや子やぎになって遊ぶ姿が見られました。そこで、「子ヤギたちが隠れられる時計を作ろう!」と大きな時計を作って遊びました。登場人物になりきって自分たちが作ったもので遊ぶ楽しさが広がっていきます。

今回紹介した本はコチラ!