保育者の仕事を支援するポータルサイト

子どもと読みたい!オススメ絵本⑦【1歳児】「かんぱーい」

「子どもと読みたい!オススメ絵本」では、年齢別におススメの絵本の紹介とあわせ、保育における絵本の世界の展開事例をご紹介します

「かんぱーい」
作:山岡 ひかる 出版社:アリス館

 人と人との繋がりに嬉しさや喜びを感じられるようになった、1歳頃に読むのがおススメです。
 「かんぱい」という言葉を知り、コップを「カチン!」と合わせることで音から人との繋がりを感じることができます。

 言葉の表現や人との関係性を結ぶ言葉として、表現することを楽しみながら知っていく事ができます。

絵本の世界を遊びに展開!:「かんぱいする」「かんぱいごっこ」

 おままごとや水遊びの時期にコップに水を入れてかんぱい!
 砂場で遊ぶ時にもごっこ遊びをしてかんぱい!
 すると・・・遊びが広がっていきます。

今回紹介した本はコチラ!