保育士の仕事を支援するポータルサイト

保育園で働くために保育士が身につけておくべき3つのスキル

保育士の人は様々なスキルが求められています。これが無いと保育士としての業務に支障が出てしまう可能性がありますので注意しましょう。実際に保育園でスキルを学ぶのも良いですが、事前に身につけておく方が役立ちます。専門学校での勉強、あるいは独学での
続きを見る
保育士向けeラーニング 保育士のお仕事探しを支援

あと10秒で閲覧できます

無料会員登録で待ち時間なしで閲覧できます!

無料会員登録はこちら

保育士の人は様々なスキルが求められています。これが無いと保育士としての業務に支障が出てしまう可能性がありますので注意しましょう。

実際に保育園でスキルを学ぶのも良いですが、事前に身につけておく方が役立ちます。専門学校での勉強、あるいは独学での勉強を無駄にしないためにも、どんなスキルが必要か知っておいてください。

◆音楽や図工の表現力スキルが必要です

保育士はピアノやオルガンを弾く機会が非常に多くなります。子供にピアノを聞かせたり、一緒に歌ったりもするでしょう。音楽のリズムに合わせて体を揺らす表現力も必要です。そのため、ねこふんじゃったなどの定番曲を始め、簡単な童謡や楽しい曲を弾けるようにしておきましょう。

楽譜を見ないで弾けるのが理想的です。演奏中は子供に目を向けて行う方が良いからです。音楽のスキルは必須になるので身に付けるようにしてください。

次に図工ですが、これは壁やテーブルに飾り付けをする際に必要になるスキルです。色の組み合わせやどんな飾りを作るかが重要になってきます。

時には折り紙などで動物の形を作ったり、絵を描いたりすることもあるでしょう。

ベテラン保育士の人にアドバイスを受けたり、保育雑誌の付録を活用したりして、図工のスキルを磨きましょう。

◆ビジネススキルも必要になります

保育士は子供の世話をするイメージが強いですが、それ以外の時間には事務作業もあります。

最低限のPCスキルが必要になりますし、ワードやエクセルを使えるスキルも身に付けておくと役立ちます。この事務作業がすんなりとこなせないと残業が増えてしまいます。

また、新人の内は別ですが、後々は後輩を持つことになります。新人保育士の特徴を見て的確にアドバイスしたり、うまく長所を生かしたりするマネジメントスキルも必要になります。

いつまでも新人気分では居られないので、仕事経験値はしっかりと積み重ねて行きましょう。

◆保護者を理解するコミュニケーションスキルも大切です

保護者に安心してもらえるようにコミュニケーションを取れるようにしなければなりません。保育園に居る時の子供がどうなったのか、誤解を与えないように的確に伝えることが出来るようにしましょう。

また、連絡帳に日々の出来事を記載する際にも配慮が必要になります。何を知ったら保護者は安心できるか、楽しくなるかを理解して書くのが大切です。

保護者の質問や悩みが見つけたら、その裏にどんな心理があるのかも理解できるようなスキルも貴重です。

大きなカテゴリーに分けて3つのスキルが大切になります。子供に対する表現力のスキル、自分自身のためのビジネススキル、保護者のためのコミュニケーションスキル、どれも欠けてはならない重要なスキルなので身に付けるようにしましょう。

マイナビ保育士 保育士のための実力アップセミナー 保育士のお仕事探しを支援 保育のお仕事応援フェスタ 保育士向けeラーニング