保育士の仕事を支援するポータルサイト

保護者との電話応対で保育士がとるべき上手な対応方法

保育士の人は預かっている子供のことで保護者と連絡することも多くなります。些細な言葉1つでトラブルになってしまうかもしれないので、神経をすり減らしてしまうことでしょう。このような保護者対応に苦手意識を持っている保育士の人は少なくありません。し
続きを見る
保育士向けeラーニング 保育士のお仕事探しを支援

あと10秒で閲覧できます

無料会員登録で待ち時間なしで閲覧できます!

無料会員登録はこちら

保育士の人は預かっている子供のことで保護者と連絡することも多くなります。

些細な言葉1つでトラブルになってしまうかもしれないので、神経をすり減らしてしまうことでしょう。このような保護者対応に苦手意識を持っている保育士の人は少なくありません。

しかし、いつまでも苦手なままで居る訳にはいかないのが現実です。苦手意識を克服して前向きに保護者対応できるようにすれば、保育士としてのレベルが上がるので努力しましょう。

◆電話には明るく出ましょう

保護者に限らず、保育園に掛かってくる電話には明るい声で出るようにするのがポイントです。早口で出たり、暗い声でボソボソ喋ると保護者の人は不信感を持ってしまいます。暗い声がきっかけで日常のちょっとした不満をぶちまけられる可能性もあるので注意です。

特に電話では相手の姿や仕草が見えないので感情が伝わりにくいのです。声だけで確実に感情が伝わるように意識すると良いでしょう。

◆保護者への電話は低姿勢でしましょう

子供が熱を出してしまったら保護者へ連絡しなければなりません。仕事中の保護者に電話連絡するのは、普段よりも対応に気を配る必要があります。働いている保護者はいつでも自由に早退できる訳ではないのです。

職場の人にも良い目で見られていない可能性もあります。そんな保護者のつらさを理解するような話し方をするようにしましょう。

一言、お忙しいと思いますが、申し訳ないのですが、と付け加えるだけでも印象が変わります。

また、職場を早退すると言ったのに全然迎えに来ない状況もあり得ます。これの対処として、何分ぐらいで早退の確認が職場に取れるか確認すると良いです。

その上で早退が確定したら電話をするようにお願いしましょう。

こうすることで迎えに来ている途中なのか、まだ職場なのかを把握できます。例えば15分ぐらいで確認が取れると言ったのに、折り返しの連絡が無ければ再度電話することが可能です。

◆丁寧な言葉遣いは大切です

電話対応の際はなるべく丁寧な言葉遣いや話し方をしましょう。丁寧な言葉で不快になる人は居ません。

話を理解した時は、分かりました、ではなく、かしこまりました、と言ってみましょう。

他にも謝罪する時は、すいません、ではなく、申し訳ありません、と言う方が丁寧です。

また、感謝の言葉のありがとうございます、も忘れないようにしましょう。

保護者対応の電話には、明るい声で、少し低姿勢で、丁寧な言葉遣いで対応すれば問題ありません。難しいことはありませんので、不必要に悩まないようにしてください。

保育士のお仕事探しを支援 保育のお仕事応援フェスタ 保育士向けeラーニング
保育士向けeラーニング 保育士のお仕事探しを支援

あと10秒でダウンロードできます

ダウンロードする

無料会員登録で待ち時間なしでダウンロード

無料会員登録はこちら