保育士の仕事を支援するポータルサイト

保育士の服装・身だしなみで気をつけておくべきポイントまとめ

保育士の人は他人の子供を預かる立場にあります。子供に不安を与えないことはもちろん、その子供の保護者にも不安を与えないようにするのが理想的です。そのためにはまず、服装や身だしなみを気を付けなけないといけません。外見の印象が良くないと子供に怖が
続きを見る
保育士向けeラーニング 保育士のお仕事探しを支援

あと10秒で閲覧できます

無料会員登録で待ち時間なしで閲覧できます!

無料会員登録はこちら

保育士の人は他人の子供を預かる立場にあります。子供に不安を与えないことはもちろん、その子供の保護者にも不安を与えないようにするのが理想的です。

そのためにはまず、服装や身だしなみを気を付けなけないといけません。外見の印象が良くないと子供に怖がられたり、嫌われてしまったりする可能性があるのです。

◆服装は色合いに注意しましょう

保育士の人は派手な服装を避けるようにした方が良いです。色彩の強いファッションや過度に露出した服装は避けるようにしましょう。

子供は色の刺激に敏感です。赤などの強い色合いの刺激を受けると興奮しやすくなる場合があります。お昼寝の時間に眠れなくなってしまうこともあるので注意してください。

◆アクセサリーは身に付けないようにしましょう

若い女性ならどんな場所でもオシャレをしたいと考えるものです。イヤリングをしたりネックレスをしたり、指輪などを付けたくなるのではないでしょうか?

このようなオシャレは女性としてはとても良いことですが、保育士としては褒められたものではありません。指輪を落として子供が飲み込んでしまったら大変な事件になってしまいます。イヤリングなども同様の事件になる可能性があるので身に付けない方が無難です。

過度なネイルにも十分注意しましょう。子供は予想外の行動をとりがちです。とがった爪が目に当たったら大怪我をさせてしまいます。女性としての身だしなみはプライベートでするようにしましょう。

◆髪の毛は前髪に注意しましょう

子供は外見の印象にとても影響を受けています。怖い印象の人には積極的に近付こうとしないはずです。どのような人が怖い印象を持たれるかと言うと、前髪が長い人なのです。

おでこが見えないと笑っていても暗い印象を持たれてしまいがちです。前髪が長い人は切るか、ヘアバンド等でまとめる方が好印象を持たれるでしょう。おでこが見えるだけで子供受けが良くなる場合もあるので、距離を取られてしまっている保育士の人は試してみてください。

子供に避けられないようにするためにも、明るい印象を作るように心がけましょう。

◆清潔感を大切にしましょう

服装や身だしなみは常に清潔感を保ちましょう。汚れた服装をしているのは厳禁です。保育士は子供と触れ合う機会が多いものです。不必要に子供へバイ菌が付かないようにしてください。

また、これは子供の保護者へ安心感を持ってもらうためにも大切なことです。汚れて不衛生な服装の保育士に子供を預けるのは不安になります。子供だけでなく、その保護者にも最低限の配慮は必要です。

服装や身だしなみで迷ったら、自分が子供を預ける立場になって考えてみましょう。

マイナビ保育士 保育士のための実力アップセミナー 保育士のお仕事探しを支援 保育のお仕事応援フェスタ 保育士向けeラーニング