保育士の仕事を支援するポータルサイト

2歳児の年間指導計画の書き方や記入例

  • 文例集
年間目標 欲求を適切に満たされ、生命の保持、および情緒の安定が図られる。保育者との関わりの中で、簡単な身の回りのことを自分でしようとする。言葉をやり取りし、友達と関わって遊ぶことを楽しむ。子どもの姿 登園時は泣いてしまうが、
続きを見る
保育士向けeラーニング 保育士のお仕事探しを支援

あと10秒で閲覧できます

無料会員登録で待ち時間なしで閲覧できます!

無料会員登録はこちら

年間目標

  • 欲求を適切に満たされ、生命の保持、および情緒の安定が図られる。
  • 保育者との関わりの中で、簡単な身の回りのことを自分でしようとする。
  • 言葉をやり取りし、友達と関わって遊ぶことを楽しむ。

子どもの姿

  • 登園時は泣いてしまうが、少しずつ落ち着いて過ごす姿が見られる。
  • 自分の持ち物やロッカーに興味を示し、片付けや身支度を自分でやってみようとする。
  • 好きな遊びを見付けて楽しんだり、友達の遊びに興味を示したりする。
  • 次の活動に興味を持ち、保育者の声かけを聞いて、身の回りのことを行おうとする。
  • 友達と楽しく遊び、やり取りする姿が見られる。
  • 生活の仕方が分かり、身の回りのことを進んで行う。
  • 言葉をやり取りしながら、ごっこ遊びを楽しむ。

ねらい

  • 保育者と一緒に、簡単な身の回りのことをしようとする。
  • 保育者が見守る中、自分の好きな遊びを楽しむ。
  • 梅雨期、夏期の保健衛生に留意された環境で、快適に過ごす。
  • 簡単な言葉のやり取りを楽しみながら、友達と関わって遊ぶ。
  • 冬期の保健衛生に留意された環境で、快適に過ごす。
  • 自分でできた喜びを感じながら、身の回りのことを一人でしようとする。

内容(養護)

  • 気持ちを受け止められ、新しい環境で安心して過ごす。
  • 不安や要求を受け止められ、安心して自分の気持ちを表す。
  • 生活リズムや健康状態に応じて、衣服の調節や水分補給を行う。
  • 健康状態に応じて、休息や水分補給を適宜行い、健康に過ごす。
  • 気温や活動に応じて、衣服の調節を促され、快適に過ごす。
  • 衣服を調節し、健康に過ごす。
  • 気温の変化に応じて、室内の温度調整や換気がされた環境で、快適に過ごす。
  • 手洗い、うがいを十分に行い、健康に過ごす。
  • 一人でできた喜びに共感され、意欲を持つ。
  • 安心できる環境の中で、楽しく食事をする。
  • 楽しい雰囲気の中で、適量を無理せずに食べる。
  • 食事のあいさつをする。また、準備を自分でしようとする。
  • 野菜の生長を知り、喜ぶ。
  • 食材に興味を持ち、喜んで食べる。
  • 食材を見たり育てたりする経験を通して、食に対する関心を持つ。
  • 正しい姿勢や、食具の持ち方を知り、自分で食べようとする。
  • 保育者や友達と一緒に食べる楽しさを味わう。
  • 食生活に必要な基本的な習慣や態度に関心を持つ。
  • 簡単なマナーを守り、友達と一緒に楽しく食事する。

内容(教育)

  • 戸外で体を動かして遊ぶ。
  • 自分の好きな遊びを友達と一緒に楽しむ。
  • 春の自然に触れたり、見付けたりして遊ぶ。
  • 新しい環境に慣れ、好きな遊具や玩具で遊ぶ。
  • 生活に必要な簡単な言葉が分かるようになる。
  • 食後のブクブクうがいをする。
  • 保育者の声かけでトイレに行って排尿する。
  • 保育者や友達との関わりを深めながら、自分の気持ちを安心して表わす。
  • 水、砂、泥などに触れて遊ぶ。
  • 生活遊びの中で、順番などの決まりがあることを知る。
  • 自分のしたいことやしてほしいことを、言葉やしぐさで伝える。
  • 絵本の中の簡単な言葉をくり返して楽しむ。
  • クレヨンや絵の具などで、思いのままにぬったり、かいたりする。
  • いろいろな素材を使い、かいたりつくったりすることを楽しむ。
  • 外遊び後、ガラガラうがいをする。
  • 様々なやり取りを経験し、相手の思いに気付く。
  • 散歩に出かけ、秋の自然に触れて遊ぶ。
  • ごっこ遊びや絵本や紙芝居を通して言葉が豊かになる。
  • 生活の見通しを持って、身の回りのことをしようとする。
  • 保育者や友達と、簡単なルールのある遊びや共通の遊びを楽しむ。
  • 異年齢児と触れ合いながら、遊びを楽しむ。
  • 冬の自然に興味を持ち、見たり触れたりして楽しむ。
  • 経験したことを遊びに取り入れて楽しむ。

環境構成

  • 安心して生活できるよう、ゆったりとした生活リズムと雰囲気づくりをする。
  • 一人一人が好きな遊びを見付けられるようなコーナーを設定する。
  • 水分補給や休息がとれる場所を設定し、ゆったり過ごせる時間を設ける。
  • スムーズに取り組める動線を考え、スペースや時間を確保する。
  • シャワー時には足元にマットを敷いて滑らないようにし、遊びが広がる素材や教材を十分に用意する。
  • 戸外で十分に体を動かす機会を設ける。
  • 生活の仕方や流れを子どもに分かりやすく伝え、見通しが持てるようにする。
  • 子どもの興味に合わせた玩具や素材を十分に用意し、じっくり楽しめるようにする。
  • 手洗い、うがいの大切さや、やり方を知らせる機会を持つ。
  • 事前に次の活動を知らせ、見通しが持てるようにする。また、時間やスペースを確保し、じっくり取り組めるようにする。
  • 子どもが興味を持ちそうな、発達に合った集団遊びを取り入れる。

保育者の援助

  • 子どもが分かりやすいように言葉を選び、次の行動を伝える。
  • 一人一人の不安や欲求を受け止め、スキンシップを十分に図りながら、信頼関係が築けるようにする。
  • 一人一人に応じて見守ったり、励ましたりしながら、自分でやってみようとする意欲が持てるようにする。
  • 水遊び後の体調の変化に気を付け、適宜、水分や休息がとれるようにする。また、風通しをよくしたり、エアコンを使用したりして、室温調整を行う。
  • 「自分で」というときは見守り、援助が必要なときはさり気なく手伝うなど、自分でしようとする気持ちを大切にする。
  • 新しい取り組みについては戸惑うことなく行えるよう、そばに付いてやり方を丁寧に知らせていき、自分でできたことに喜びや自信が持てるようにする。
  • 一人一人の健康状態に気を配り、室温や湿度の調整を行うとともに、こまめに換気を行う。
  • 3歳児クラスで過ごしたり、異年齢交流をしたりする中で、進級への期待や安心感が持てるようにする。
  • ルールを守ることで、より遊びが楽しくなることをくり返し伝える。
マイナビ保育士 保育士のための実力アップセミナー 保育士のお仕事探しを支援 保育のお仕事応援フェスタ 保育士向けeラーニング

文例集の記事リスト

  • 月案
  • 週案
  • 日案
  • 食育計画
  • 年間指導計画
  • クラスたより
  • 給食たより
  • 園たより
  • その他文例

その他文例

×閉じる