保育士の仕事を支援するポータルサイト

4歳児の年間指導計画の書き方や記入例

  • 文例集
年間目標 基本的な生活習慣を身に付け、自分から進んでやろうとする。生活や遊びの中で、必要なルールやマナーを知り、守ろうとする。様々な活動に意欲的に取り組む中で、楽しさや、やり遂げた喜びを味わう。身近な環境や自然に興味をもち、それらの
続きを見る
保育士向けeラーニング 保育士のお仕事探しを支援

あと10秒で閲覧できます

無料会員登録で待ち時間なしで閲覧できます!

無料会員登録はこちら

年間目標

  • 基本的な生活習慣を身に付け、自分から進んでやろうとする。
  • 生活や遊びの中で、必要なルールやマナーを知り、守ろうとする。
  • 様々な活動に意欲的に取り組む中で、楽しさや、やり遂げた喜びを味わう。
  • 身近な環境や自然に興味をもち、それらのおもしろさや不思議さ、美しさに気付く。

子どもの姿

  • 身の回りのことを自分でできる子と、まだ手をかけてほしい子と、育ちに個人差がある。
  • 2~3人の仲の良い友達ができ、長い時間を一緒に楽しく遊ぶことができる。
  • 自分のやりたいことを見付け、行動する。
  • 強く自己主張して友達とけんかになることが多い。
  • できないことにチャレンジして、努力してやり遂げようとする。
  • 身のこなしが機敏になり、運動能力が発達する。競争心が芽生え、友達と比較する。

ねらい

  • 新しい環境に慣れ、生活の流れを知る。
  • 身の回りのことを自分でしようとする。
  • 自然に触れながら、戸外遊びを楽しむ。
  • 身近な自然物の生長や変化に、関心や親しみをもつ。
  • 季節の変化に伴い、生活の仕方が変わることを知る。
  • みんなで活動する楽しさを味わう。
  • 生活に必要な習慣や態度が身に付き、進級することへの喜びをもつ。
  • いろいろな経験を通し、友達の前で自分の思ったことを表現し、受け止めてもらえる嬉しさを味わう。

内容(養護)

  • 保育者や友達と親しみをもって関わり、遊んだり生活したりする。
  • 食事、手洗い、着替え、排泄など、健康に必要な習慣を身に付ける。
  • 安心感をもって遊んだり生活したりし、のびのびと友達と関わる。
  • さまざまな運動遊びを経験しながら全身を使う。
  • トイレの使い方を知り、排便後の始末を保育者と一緒にしようとする。
  • 自分の体に関心をもち、体調が悪いことを保育者に伝える。
  • 遊具や用具を使って、体のいろいろな部分を動かす遊びを楽しむ。
  • 危険な行動や物、場所を自分で判断し、気を付けて行動する。
  • 表現遊び、運動遊びなど様々な遊びや活動を通して達成感や満足感を味わう。
  • 保育者や友達から自分の行動や言葉を認められる喜びを感じ、自己肯定感を育む。
  • 毎日の園生活で、「今日は○○が楽しかった」という思いを経験する。
  • 年度末を迎え、生活習慣が身に付いているか確認する。
  • 生活や遊びに必要な約束事を知り、安全のために守ることの大切さが分かる。
  • 友達に励ましてもらったり、友達を応援したりしながら努力する気持ちをもつ。
  • 運動会や遠足などの活動を通して、年下の友達に優しく接する。
  • 発表会に向けてみんなで取り組み、大勢の人に見てもらい、認められることで自信をもつ。
  • やりたい遊びを満足するまで行う。
  • 食事の仕方やマナーを知り、身に付ける。
  • 家庭で経験した楽しい出来事を、保育者や友達に話す。

内容(教育)

  • 散歩や戸外遊びを通して自然に親しみ、触れたり遊びに取り入れたりする。
  • プール、泥んこ、色水など、水を使った遊びを十分に楽しむ。
  • 季節ごとに咲く花に興味をもったり、木の実を拾ったり、虫探しをしたりして自然に親しむ。
  • ごっこ遊びをしながら、役割を担うことを楽しむ。
  • 新しい環境や保育者に慣れ、楽しく遊ぶ。
  • 自分の気持ちを、相手に伝えようとする。
  • ルールを守ると楽しく遊べることを知る。
  • 5歳児と行事に参加し、親しみやあこがれを感じる。
  • 自分の気持ちを伝えたり、相手の気持ちを聞いたりしながら、相手の気持ちに気付く。
  • 花びら、葉、虫など、身近な自然を遊びの中に取り入れる。
  • 身近な動植物に親しみをもち、世話をしながら触れたり、育てたり、収穫の喜びを味わったりする。
  • 自分の物を大切にし、片付けきちんとする。
  • 身の回りの物に触れたり使ったりして遊ぶ中で、物の性質(重い、軽い、硬い、柔らかい、伸びる、縮むなど)に気付く。
  • いろいろな材料や素材に触れ、数量、物の色、形、記号、文字などに興味をもつ。
  • 日常に必要なあいさつや返事をしようとする。
  • 質問や問いかけに自分なりに考え、答えようとする。
  • 絵本や紙芝居の読み聞かせを、楽しんで聞く。
  • 場面に合ったあいさつや言葉が分かり、気持ちを込めて使う。
  • 人の話を注意して聞き、意味を理解して行動しようとする。
  • 楽器に触れ、使い方を知る。
  • リズムに合わせて、打楽器を打つことを楽しむ。
  • 新しい素材や材料に興味をもって関わり、必要な物を使ったりつくったりして遊ぶ。
  • イメージを広げてかいたりつくったり、様々な表現を楽しむ。
  • 身近な生活や経験を、ごっこ遊びに取り入れて遊ぶ楽しさを味わう。
  • 人前で歌ったり踊ったりすることを楽しむ。

環境構成

  • 子どもが自分で遊びを展開しやすいように、コーナーごとに遊具をそろえておく。また、自分で片付けがしやすいよう、どこに何をしまうのか分かるように表示する。
  • 身支度を自分でしやすいように動線を考慮する。
  • 事故防止チェックリストを作成し、遊具や用具の点検、保育室や園庭の危険箇所などの確認をする。また、保育者の動きなどを定期的に確認して、安全に過ごせるようにする。
  • 子どもが工夫したり考えたりしながら使えるような用具、遊具を用意しておく。
  • 生活の中でカレンダーやあいうえお表をはり、文字や数に触れる環境を整える。
  • 音楽を気軽に楽しめるよう、楽器やCDプレイヤーなどを用意しておく。

保育者の援助

  • 子どもの気持ちを受け止めながら、一人一人が安心して過ごせるようにし、関係を築く。
  • 保育者も一緒に体を動かして遊ぶ中で、遊びの楽しさを伝え、体の動かし方を知らせる。
  • 着替えやプールの支度の手順を分かりやすく示し、丁寧にたたむこと、始末することなどを伝える。
  • 自然物の変化に気付くことができるよう言葉をかけ、発見や感動を子どもと共有する。
  • 運動遊びは、一人一人の発達段階や興味を把握する。それぞれが意欲をもって取り組めるよう誘いかけや励ましの仕方を工夫し、みんなで取り組む楽しさを味わえるようにする。
  • 友達とのトラブルでは、保育者が見守る中で、子ども同士で話し合う機会を設け、相手の気持ちを意識できるように働きかける。
  • 一年間で経験してきたことの積み重ねにより、自信をもって進級できるよう、一人一人の姿を十分に認める。
  • 健康や安全などに必要な基本的な生活習慣や態度が身に付いているかを、一人一人確認して見直す。また、丁寧に行う大切さを知らせる。
マイナビ保育士 保育士のための実力アップセミナー 保育士のお仕事探しを支援 保育のお仕事応援フェスタ 保育士向けeラーニング

文例集の記事リスト

  • 月案
  • 週案
  • 日案
  • 食育計画
  • 年間指導計画
  • クラスたより
  • 給食たより
  • 園たより
  • その他文例

その他文例

×閉じる