保育士の仕事を支援するポータルサイト

【0歳児】5月の週案の書き方や記入例

  • 文例集
今週のねらい 連休の疲れを癒しながら、生活のリズムを整える。様々な用具や玩具を使い、体を動かして遊ぶことを楽しむ。内容 自分のしてほしいこと、甘えたい欲求を安心して保育者に伝える。生活のリズムを整える。楽しい雰囲気の中で食事
続きを見る
保育士向けeラーニング 保育士のお仕事探しを支援

あと10秒で閲覧できます

無料会員登録で待ち時間なしで閲覧できます!

無料会員登録はこちら

今週のねらい

  • 連休の疲れを癒しながら、生活のリズムを整える。
  • 様々な用具や玩具を使い、体を動かして遊ぶことを楽しむ。

内容

  • 自分のしてほしいこと、甘えたい欲求を安心して保育者に伝える。
  • 生活のリズムを整える。
  • 楽しい雰囲気の中で食事をし、様々な食材や形状に慣れる。
  • 立つ、はいはいをする、上る、下りる、歩く、転がるなど、体を使った遊びを楽しむ。

予想される子どもの姿

  • 保護者と離れる際に、大泣きをする。
  • 保育者の抱っこを嫌がる。
  • 特定の保育者に甘え、抱っこを求める。
  • 眠いのに眠れずに泣く。
  • 睡眠時間がずれ、給食の途中で寝てしまう。
  • 保育者の口元をまね、もぐもぐと口を動かす。
  • 自ら食べ物に手を伸ばし、自分で食べたがる。
  • 保育者と手をつないで、マットでつくった傾斜を上り下りする。
  • 保育者の姿をまねてマットを転がる。
  • 歩行が安定せず、転んで泣く。
  • 保育者と一緒にはいはいをしたり、手をつないで傾斜を歩いたりして遊ぶ。

環境構成

  • 優しい笑顔で受け入れをする保育者の姿や、自分の欲求を満たしてくれると感じられるような、温かい雰囲気をつくる。
  • 保育園での生活を記入するためのボードを準備し、連絡帳と照らし合わせてもらえるよう、記入しやすいような場所に設置する。
  • シートを敷き、こぼれてもよい環境をつくる。
  • 「もぐもぐ」と口を動かし、一緒に食事をする保育者の姿を示す。
  • 転倒しても危険がないような、運動用具や玩具を準備する(マット、ウレタン積み木など)。
  • 子どもたちに背を向けないよう、保育者の立ち位置に気を付け、安全な環境を設定する。
  • 保育者も転がったり、はいはいしたり、一緒に楽しく遊ぶ姿を示す。

保育者の援助

  • お母さんと離れて寂しい気持ちや久しぶりの保育園に緊張する気持ちを理解し、子どもの甘えや欲求を優しく受容し、ゆったりと満たす。
  • 保育者も一緒に食事をすることで、食べたくなるような環境を設定し、「もぐもぐだね。おいしいね」と声をかけることで、そしゃくを促す。また、保護者や調理師と連携を図り、離乳を進める。
  • 個々によっておやつの量を調節し、友達と一緒においしく給食を食べられるようにする。また、週の後半になるにつれて、午前睡を短くしたり、通常の時間に午睡に入れるようにしたりして、個々のリズムを保育園の生活に合わせて整える。

評価・反省

  • 連休明けは、朝の時間に眠くなり、午睡の習慣がなくなる姿が見られた。週初めは、個々のリズムを大切にし、少しずつ保育園での生活リズムを整えることができた。欲求が満たされることで、情緒の安定にもつながり、好きな玩具で遊ぶことを楽しんだ。保育者が一緒になって遊ぶと、子どもも安心してはいはいをする、立つなど、様々な方法で遊ぶことを楽しんでいた。活発に遊ぶことで、転倒も増えたので、注意していきたい。
マイナビ保育士 保育士のための実力アップセミナー 保育士のお仕事探しを支援 保育のお仕事応援フェスタ 保育士向けeラーニング

文例集の記事リスト

  • 月案
  • 週案
  • 日案
  • 食育計画
  • 年間指導計画
  • クラスたより
  • 給食たより
  • 園たより
  • その他文例

その他文例

×閉じる