保育士の仕事を支援するポータルサイト

【1歳児】4月の週案の書き方や記入例

  • 文例集
今週のねらい 新しい環境に慣れる。保育者と一緒に好きな遊びを見付け、機嫌よく過ごす。内容 保育者とゆったりと関わり、新しい環境に少しずつ慣れる。保育者とゆったりと関わり、安心して生活する。保育者に見守られながら、ゆったりと食
続きを見る
保育士向けeラーニング 保育士のお仕事探しを支援

あと10秒で閲覧できます

無料会員登録で待ち時間なしで閲覧できます!

無料会員登録はこちら

今週のねらい

  • 新しい環境に慣れる。
  • 保育者と一緒に好きな遊びを見付け、機嫌よく過ごす。

内容

  • 保育者とゆったりと関わり、新しい環境に少しずつ慣れる。
  • 保育者とゆったりと関わり、安心して生活する。
  • 保育者に見守られながら、ゆったりと食べる。
  • 好きな遊具や玩具で遊んだり、プランターの花やイチゴを見て遊んだりする。
  • 生活の流れを覚え、声かけにより簡単な身の回りのことを自分でしようとする。

予想される子どもの姿

  • 新しい環境に慣れ、安定して過ごせる子もいれば、不安になり泣く子もいる。
  • 新しい環境の疲れから、体調を崩す子がいる。
  • 食事中に眠くなる子がいる。
  • 花やイチゴを見付けて喜ぶ。
  • 滑り台や三輪車で遊ぶことを楽しんでいるが、まだ転びやすい。
  • 声かけで次の行動に移れる子もいれば、なかなか切り替えることができない子もいる。

環境構成

  • 時差保育で一人一人にゆったりと関わる。
  • ゆったりと過ごせるようなデイリープログラムをつくる。
  • 時差を付け、少人数でゆったりと食事ができるようにする。
  • 季節の花を植えたり、イチゴのプランターを見やすい場所に置いたりする。
  • 見通しが持てるように、次の行動へ移るときに何をするのか、そのつど伝える。

保育者の援助

  • 一人一人が安心して過ごせるように気持ちを受け入れ、個々に合わせて対応する。
  • 疲れやすく体調を崩しやすいので、個々の状態を十分に把握する。
  • 登園の早い子や眠くなる子、園庭でじっくり遊べない子から先に入室して食事を開始するなど、個々に合わせてゆったりと食事ができるようにする。
  • 安全に気を付け、花やイチゴを見たり、触れたりしながら遊べるようにそばで見守る。子どもの発見や驚きに共感する。
  • 滑り台などの遊具では危険がないように必ずそばに付いて見守る。
  • 次は何をしたらよいのか、何をするのかをそのつど伝え、一緒に行う。やろうとする気持ちをほめて、意欲につなげる。

評価・反省

  • 時差を付け、できるだけゆったり、一人一人に関わるようにしたことで、新しい環境に少しずつ慣れ、一日を機嫌よく過ごす姿が増えてよかった。
  • 大きく体調を崩すこともなく元気に過ごせたのでよかった。疲れが出てくる頃なので、体調の変化には十分に気を付けて保育していきたい。
  • 新しい環境に慣れてきた分、活発に動き回って遊ぶようになったので、危険がないように保育者間で声をかけ合い、子どもたちを見守りたい。
マイナビ保育士 保育士のための実力アップセミナー 保育士のお仕事探しを支援 保育のお仕事応援フェスタ 保育士向けeラーニング

文例集の記事リスト

  • 月案
  • 週案
  • 日案
  • 食育計画
  • 年間指導計画
  • クラスたより
  • 給食たより
  • 園たより
  • その他文例

その他文例

×閉じる