保育士の仕事を支援するポータルサイト

【2歳児】8月の月案の書き方や記入例

  • 文例集
子どもの姿 手足口病にかかる子がいたが、大きく体調を崩すことはなく、みんな元気に過ごす。水遊び後の着替えや後始末など、自分でできることは進んでやってみようとする姿が多く見られる。水がかかるのを嫌がる子も、離れたところで水遊びを楽しむ
続きを見る
保育士向けeラーニング 保育士のお仕事探しを支援

あと10秒で閲覧できます

無料会員登録で待ち時間なしで閲覧できます!

無料会員登録はこちら

子どもの姿

  • 手足口病にかかる子がいたが、大きく体調を崩すことはなく、みんな元気に過ごす。
  • 水遊び後の着替えや後始末など、自分でできることは進んでやってみようとする姿が多く見られる。
  • 水がかかるのを嫌がる子も、離れたところで水遊びを楽しむなど、自分のやりたい遊び方で水に触れ、楽しんでいる。
  • 保育者の声かけでプールバッグを用意したり、着替えを行おうとしたりする姿が見られる。
  • 水遊びでは、意欲的に楽しむ子と、あまり積極的ではないが保育者と一緒なら楽しめる子がいる。

ねらい

  • 夏季の気候に慣れ、快適に過ごす。
  • 保育者の声かけで、できることは自分でしようとする。
  • 水を使うなど、夏ならではの遊びを楽しむ。

養護

  • 適宜休息を取り、水分を補給しながら、健康に過ごす。
  • 自分の生活リズムや健康状態に合わせて適宜水分や休息をとり、快適に過ごす。

教育

  • 自分でできる身の回りのことは進んでやってみようとする。
  • 水、砂、泥などの感触を味わいながら、夏ならではの遊びを十分に楽しむ。
  • 友達と遊ぶ中で、簡単な言葉のやり取りをする。
  • 保育者の声かけで、トイレに行って排尿する。

環境構成

  • 水分補給や休息ができる場所を設定し、無理なく過ごせるようにする。
  • 口頭や連絡ノートを通して、健康状態を把握する。
  • 着替えのスペースを十分に確保し、ゆったりと取り組めるようにする。
  • 遊びが広がるような素材や教材を用意する(布、絵の具、筆、野菜など)。
  • シャワー時には足元にマットを敷き、滑らないようにする。また、タープを張り、紫外線を防ぐ。
  • 言葉のやり取りが楽しめるような遊びを設定し、必要な玩具を用意する。
  • トイレは常に清潔に保っておく。
  • 内容に合った絵本を用いるなどして、トイレ使用についての話をする機会を設ける。

食育

  • 楽しい雰囲気の中で、自分で食べようとする。
  • 食事前に水分をとったり、室温設定に留意したりして、気持ちよく食べられるようにする。
  • フォークを使って自分で食べようとする。
  • 食欲が落ち、食事が進まない。
  • 一人一人の食欲に応じて、量を加減する。

家庭との連携

  • 暑さのために疲れやすくなるので、健康状態を細かく伝え合い、家庭でも十分に休息が取れるように留意してもらう。
  • 夏休みを取る家庭もあるので、休み中の過ごし方や生活リズムについての情報交換をする。

職員との連携

  • 一人一人の健康状態や連絡事項を伝え合い、朝夕のサポーターとも連絡を十分に取りながら、一日を通して安定して過ごせるようにする。
  • 夏休みで担任不在になることもあるため、他の職員と子どもの状態や動きについて確認し合う。
  • 夏の生活の流れ、職員の配置、役割分担や子どもへの声のかけ方など、担任間で日々確認や見直しを行う。
  • 夏に多い感染症の早期発見に努め、看護師と共に適切な対応を行う。

評価・反省

  • 身の回りのことを自分でやろうとする姿を見守り、意欲につながるような声かけをした。スムーズに行えるようになっているので、今後も一人一人の様子を見ながら進めたい。
  • 暑さが厳しくなり、体調を崩しやすい時期でもあったので、家庭と連絡を取りながら、一人一人の体調や様子を把握し、ゆったりと過ごせるようにした。体調を崩す子どもも少なくてよかった。引き続き対応をしていきたい。
  • 登園後、体調不良が見られたときには水遊びを控え、とびひの子は最後にシャワーを使うなど、一人一人の体調に合わせて対応したことで、保健衛生や健康に十分留意することができたと思う。
  • 水遊びでは、様々な素材や教材を用意したことで、洗濯ごっこやジュース屋さんごっこなどの遊びの楽しさも味わえてよかった。今後も、遊びが広がるような関わりを大切にしていきたい。
  • 暑い日が続き、疲れを見せる子もいたが、十分な休息や水分補給を行ったことで、体調を崩すことなく過ごすことができた。
  • 身の回りのことにおいては、できたことを大いにほめることが自信につながり、スムーズにできるようになっている。今まで積み重ねてきたことを土台に、新しいことに対してもクラス間で共通理解しながら進めていきたい。
  • 夏の遊びでは、様々な素材や教材を取り入れたことで遊びも広がり、十分に遊びを楽しむことができた。
  • 水遊びでは、安全面に留意し、無理強いすることなく進めた。水がかかるのが苦手な子も徐々に水に慣れ、楽しむことができてよかった。
マイナビ保育士 保育士のための実力アップセミナー 保育士のお仕事探しを支援 保育のお仕事応援フェスタ 保育士向けeラーニング

文例集の記事リスト

  • 月案
  • 週案
  • 日案
  • 食育計画
  • 年間指導計画
  • クラスたより
  • 給食たより
  • 園たより
  • その他文例

その他文例

×閉じる