保育士の仕事を支援するポータルサイト

【1歳児】2月の月案の書き方や記入例

  • 文例集
子どもの姿 休み明けの登園時に涙を見せる子が2名いたが、おやつを食べたり遊んだりしたことをきっかけに気分転換し、落ち着いて過ごすようになる。予想していたよりスムーズに受け入れができている。話せる言葉が増え、月齢の低い子が友達の名前を
続きを見る
保育士向けeラーニング 保育士のお仕事探しを支援

あと10秒で閲覧できます

無料会員登録で待ち時間なしで閲覧できます!

無料会員登録はこちら

子どもの姿

  • 休み明けの登園時に涙を見せる子が2名いたが、おやつを食べたり遊んだりしたことをきっかけに気分転換し、落ち着いて過ごすようになる。予想していたよりスムーズに受け入れができている。
  • 話せる言葉が増え、月齢の低い子が友達の名前を呼んだり、泣いている子の頭をなでたりするなど、友達を意識する姿を見せ始めている。

ねらい

  • 保健的で安全な環境の中で、寒い時期を健康で快適に過ごす。
  • 友達と関わり合いながら一緒に遊ぶことを楽しむ。

養護

  • 体調に配慮されながら、健康に過ごす。
  • 年長児と一緒に食事することを楽しむ。
  • 手洗い、着脱、排泄、片付けなど、興味を示している身の回りのことを、自分から進んでやってみようとする。
  • 鼻水が出たことに気付いて、自分でティッシュを使って拭いてみる。

教育

  • 手先を使った遊びを楽しむ。
  • 保育者や友達と遊びながら、簡単な言葉のやり取りを楽しむ。
  • 保育者や友達と一緒に、見立て遊びやごっこ遊びを楽しむ。

環境構成

  • 健康観察を行い、インフルエンザなどの感染症が出たら情報の掲示をし、保護者に伝える。
  • 室温、気温、換気などに留意する。
  • 年長児と給食やおやつを一緒に食べる機会をつくる。
  • 散歩などで手をつなぐときは、歩くペースが同じ子とつなげるようにする。
  • 小麦粉粘土、ひも通し、シール貼り、のりを使ったひな祭りの作品用の材料を用意する。

食育

  • 食器に手を添えて食べることを知らせる。
  • 節分を通して豆に興味を持ち、食べてみようという気持ちが持てるようにする。

家庭との連携

  • インフルエンザや風邪が流行しやすい時期のため、保護者と体調の変化を伝え合ったり、症状を知らせたりして、早めの対応を心がけるようにする。
  • 子どもが自分で着替えたがっていることを伝え、自分で着やすい衣服を用意してもらう。
  • 手や足、ほおなどが乾燥しがちなので、スキンケアを心がけてもらう(園ではワセリンを使用)。

職員との連携

  • 年長児クラスの担任と連絡を取りながら、年長児と遊んだり、世話をしてもらったりする機会を持つ。
  • 一人一人の様子や体調をこまめに伝え合い、状況に応じて保育者の動きやその日の活動の環境や内容を考え、声をかけていく。

評価・反省

  • インフルエンザ、頭ジラミに感染する子がそれぞれ1名ずついたが、他児が感染することはなかった。鼻水が出たり咳が出たりする子も多いが、大きく体調を崩す子はおらず、元気に過ごすことができた。感染症や風邪が流行しやすい季節のため、引き続き一人一人の健康状態に留意したい。
  • 一人一人の成長に合わせ、また、本人のやる気を大切にして声をかけたことで、身の回りのことを意欲的に行っている。今後も一人一人に合わせて、言葉をかけていきたい。
  • 年長児の担任と連携しながら、少しずつ交流する機会を増やしたことで、年長児に親しみを持って関わる姿が見られてよかった。年長児の姿をまねしようとするので、年長児との食事会を設けた。何でも食べようとしたり、皿を持って食べようとしたりするなど、年長児がよい見本となったのはよかった。卒園までたくさん交流を持ち、年長児へのあこがれから、自分もやってみようとする気持ちを大切に育てたい。
  • 園庭工事が入り、室内で過ごすことが多くなりがちであった。散歩も、体調のすぐれない子がいて、なかなか出かけることができなかった。来月はできるだけたくさん散歩に出かけ、戸外で体を動かす機会を多く持ちたい。
  • 一人一人が興味を示していることを把握し、見守ったり必要に応じてやり方を知らせたりしていくことで、積極的に着脱や片付けに挑戦する姿が増えている。これからも意欲を大切にし、自分でできたという自信につなげられるように援助したい。
マイナビ保育士 保育士のための実力アップセミナー 保育士のお仕事探しを支援 保育のお仕事応援フェスタ 保育士向けeラーニング

文例集の記事リスト

  • 月案
  • 週案
  • 日案
  • 食育計画
  • 年間指導計画
  • クラスたより
  • 給食たより
  • 園たより
  • その他文例

その他文例

×閉じる