保育士の仕事を支援するポータルサイト

2歳児の食育計画の書き方や記入例

  • 文例集
ねらい いろいろな食材に慣れ、喜んで食べる。家庭との連携の下で、望ましい食事習慣を身に付ける。内容 いろいろな種類の食べ物や料理を味わう。食生活に必要な基本的な習慣や態度を身に付ける。保育者や友達と一緒に食事をすることを楽し
続きを見る
保育士向けeラーニング 保育士のお仕事探しを支援

あと10秒で閲覧できます

無料会員登録で待ち時間なしで閲覧できます!

無料会員登録はこちら

ねらい

  • いろいろな食材に慣れ、喜んで食べる。
  • 家庭との連携の下で、望ましい食事習慣を身に付ける。

内容

  • いろいろな種類の食べ物や料理を味わう。
  • 食生活に必要な基本的な習慣や態度を身に付ける。
  • 保育者や友達と一緒に食事をすることを楽しむ。
  • いろいろな種類の食べ物や料理を味わう。
  • 食生活に必要な基本的な習慣や態度を身に付ける。
  • 保育者や友達と一緒に食事をすることを楽しむ。

子どもの姿

  • いろいろな食べ物を喜んで食べる。
  • 手洗いやうがいなど、身の回りを清潔にして食事をすることを知る。
  • 食べ物に関心を持ち、スプーンやフォークや箸を使って食べる習慣を身に付ける。
  • 楽しい雰囲気の中で一緒に食事をすることから、友達や調理をしてくれた人などに関心を持つ。
  • 友達と一緒にいる雰囲気を大切に、穏やかな環境の中で食事をする。
  • いろいろな食べ物を喜んで食べる。
  • 手洗いやうがいなど、身の回りを清潔にして食事をすることを知る。
  • 食べ物に関心を持ち、スプーンやフォークや箸を使って食べる習慣を身に付ける。
  • 楽しい雰囲気の中で一緒に食事をすることから、友達や調理をしてくれた人などに関心を持つ。
  • 友達と一緒にいる雰囲気を大切に、穏やかな環境の中で食事をする。

環境構成と保育者の援助

  • 食べ物に興味を持ち、自分で食べようとする姿を大切に、一人一人に声をかける。
  • 清潔の習慣は一人一人の個人差を十分に把握し、その子に合った援助をする。
  • フォークや箸の使用は慌てず発達差を考慮し、子どもが自ら使いたいと思う意欲を大切にして進める。箸の使い始めは、そばに付いて一緒に食事をしながら身に付けさせる。
  • 友達や保育者と一緒のテーブルで食べると楽しいという雰囲気を大切にしながら食事をし、おいしく食べられるような言葉をかける。
  • 食べ物に興味を持ち、自分で食べようとする姿を大切に、一人一人に声をかける。
  • 清潔の習慣は一人一人の個人差を十分に把握し、その子に合った援助をする。
  • フォークや箸の使用は慌てず発達差を考慮し、子どもが自ら使いたいと思う意欲を大切にして進める。箸の使い始めは、そばに付いて一緒に食事をしながら身に付けさせる。
  • 友達や保育者と一緒のテーブルで食べると楽しいという雰囲気を大切にしながら食事をし、おいしく食べられるような言葉をかける。

調理員の配慮

  • 食材を子どもたちが見られるように事前に展示したり、野菜の絵を貼ったりして知らせる。
  • 子どもたちが食べやすいように食材の切り方を工夫する。
  • 味付けは薄味を心がけ、子どもたちの味覚を育てるようにする。
  • 個人差を把握し、食事の量、形、固さなど、調理形態について保育者と連携を図り決める。
  • フォークから箸への移行は保育者と連携を図り、余裕をもって準備するなどして進める。
  • 食材を子どもたちが見られるように事前に展示したり、野菜の絵を貼ったりして知らせる。
  • 子どもたちが食べやすいように食材の切り方を工夫する。
  • 味付けは薄味を心がけ、子どもたちの味覚を育てるようにする。
  • 個人差を把握し、食事の量、形、固さなど、調理形態について保育者と連携を図り決める。
  • フォークから箸への移行は保育者と連携を図り、余裕をもって準備するなどして進める。

家庭との連携

  • 食事の状況を家庭に知らせ、子どもたちが興味を持てるようにする。
  • 一人一人の食事の状況(形、量、固さ)について、こまめに連絡を取り合い、食事をおいしく味わえるようにする。
  • 箸の導入は家庭と連携しながら個々の状態に合わせて無理なく進める。子どもが自分で食べようとする気持ちが持てるようにする。
  • 保育者や友達と一緒に食事を楽しむ姿を知らせ、家庭でも家族と一緒に食事を楽しんでもらうように伝える。
  • 食事の状況を家庭に知らせ、子どもたちが興味を持てるようにする。
  • 一人一人の食事の状況(形、量、固さ)について、こまめに連絡を取り合い、食事をおいしく味わえるようにする。
  • 箸の導入は家庭と連携しながら個々の状態に合わせて無理なく進める。子どもが自分で食べようとする気持ちが持てるようにする。
  • 保育者や友達と一緒に食事を楽しむ姿を知らせ、家庭でも家族と一緒に食事を楽しんでもらうように伝える。
マイナビ保育士 保育士のための実力アップセミナー 保育士のお仕事探しを支援 保育のお仕事応援フェスタ 保育士向けeラーニング

文例集の記事リスト

  • 月案
  • 週案
  • 日案
  • 食育計画
  • 年間指導計画
  • クラスたより
  • 給食たより
  • 園たより
  • その他文例

その他文例

×閉じる