保育士の仕事を支援するポータルサイト

【2歳児】10月の日案の書き方や記入例

  • 文例集
日のねらい 全身を使った遊びを保護者と一緒に楽しんで参加する。内容 リズムに合わせて踊ることを楽しむ。保護者と走ったり、ボールを蹴ったりする。評価・反省 ボールを蹴る、走るなど、子どもの発達に合った内容を取り入れたこ
続きを見る
保育士向けeラーニング 保育士のお仕事探しを支援

あと10秒で閲覧できます

無料会員登録で待ち時間なしで閲覧できます!

無料会員登録はこちら

日のねらい

  • 全身を使った遊びを保護者と一緒に楽しんで参加する。

内容

  • リズムに合わせて踊ることを楽しむ。
  • 保護者と走ったり、ボールを蹴ったりする。

評価・反省

  • ボールを蹴る、走るなど、子どもの発達に合った内容を取り入れたことで、一人一人が無理なく参加できた。中には、場の雰囲気に圧倒されてしまう子もいたが、大好きなお父さんお母さんに抱っこされながら、最後まで競技に取り組むことができた。ゴールした子どもの誇らしげな顔がとても印象的で、よい経験になったと思う。

環境構成

  • 座席には目印になる看板を設置する。また、担任が付いて戸惑うことなく座席に着けるようにする。
  • 事前にクラスごとの集合写真を撮ることを知らせ、遅れず登園してもらえるように呼びかける。
  • 慌てず水分補給を行えるよう、前後の競技を確認し、水分補給の時間を取る。
  • 分かりやすく競技の説明ができるよう、図に示したボードを活用する。また、事前にお便りを配布し、競技内容を知らせておく。
  • 入退場ではけがのないように、列ごとに子どもを誘導する。
  • 子どもたちの好きな遊びを競技に取り入れ、無理なく保護者と楽しめるようにする。
  • 各年齢でそれぞれの担当の位置を決め、スムーズに競技が進められるようにする。
  • メダル、記念品の数や名前を確認し、不足がないようにする。

保育者の援助

  • 一人一人に声をかけ、運動会への期待が持てるようにする。
  • 場の雰囲気に圧倒されるなど不安な様子が見られた際には、「お母さん(お父さん)と一緒だから大丈夫ね」と優しく声をかけ、無理なく参加してもらえるよう保護者に伝える。
  • お便りで知らせた競技内容を、ゆっくり分かりやすく伝え、個別に質問があれば不安を取り除けるよう丁寧に対応する。
  • 無理強いすることなく子どもを誘い、保護者と離れられない子は親子での参加も呼びかける。
  • 模倣しやすいよう体を大きく動かし、保育者も一緒に楽しんで踊る。
  • もうすぐ競技が始まることを伝え、期待が持てるようにする。
  • 子どもの様子に合わせて無理なく参加できる形を保護者に伝える。
  • 頑張ったことを大いにほめ、嬉しさや満足感が味わえるようにする。
マイナビ保育士 保育士のための実力アップセミナー 保育士のお仕事探しを支援 保育のお仕事応援フェスタ 保育士向けeラーニング

文例集の記事リスト

  • 月案
  • 週案
  • 日案
  • 食育計画
  • 年間指導計画
  • クラスたより
  • 給食たより
  • 園たより
  • その他文例

その他文例

×閉じる